Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
comment
-

1/18 Happiness Letter406〔<ザ・リバティweb>情報〕

皆さま、おはようございます!
本日は、新装オープンした<ザ・リバティweb>(「ザ・リバティ」のインターネット版)より、ハピネスレター読者の皆さまに役に立つ情報をお届け致します!政治活動にお役立ていただければ幸いです!

■《ザ・リバティweb》3つの特徴

(1)【大川隆法 The Perspective】

大川隆法総裁の時事説法や「人生の羅針盤」等、時事問題に関する内容をフィーチャーしています!
⇒http://www.the-liberty.com/perspective.php

[最新記事]「『救世の法』講義」ポイント速報……1/16開催の大川隆法総裁の講義のポイント速報です。
⇒http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=1050

※幸福実現党の公式ホームページでも、同講義のポイント速報が掲載されています(上記とは内容が異なります)。
⇒http://www.hr-party.jp/new/2011/1007.html

(2)【デイリー・ニュース・クリップ】
ザ・リバティweb デイリー・ニュース・クリップ
【Daily News Clip】http://www.the-liberty.com/newsclip.php

リバティ編集部がチョイスする世の中のニュースを一覧でチェック!「これだけ読んでいれば政治や世界情勢の把握は十分かも」という声も聞かれます!(有料購読者にはメール配信サービスも)
⇒http://www.the-liberty.com/newsclip.php

[例]チュニジア大統領が国外脱出、23年間の独裁政権が終結(上記講義でも言及あり)
⇒http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=1043

(3)【「ザ・リバティ」過去記事アーカイブ】

「ザ・リバティ」の過去記事掲載数が700記事を突破!有料購読頂ければ、Webで膨大な過去記事の閲覧、検索等が可能です!

[例]高速道路をフリーウェイ(無料)に!(1998年8月号記事)
⇒http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=128

※1月16日「たかじんのそこまで言って委員会」(讀賣テレビ)にて、三宅久之氏と金美齢氏が沖縄県知事選で「幸福実現党の主張が一番まともだった」とした上で、「ザ・リバティ」では10年以上前から「高速道路無料化」を主張していたと言及頂きました!

これからも皆さまのニーズとご期待にお応えできるよう、サービス向上に努めてまいります。どうぞ、よろしくお願い致します!

『ザ・リバティ』編集部
ザ・リバティweb
http://www.the-liberty.com/st/welcome/
スポンサーサイト
18
2011
comment
0

1/8 Happiness Letter396〔Daily News Clip発刊!!〕

皆さま、おはようございます!
本日は、ニュースの真実が分かるオピニオン誌<ザ・リバティ>編集部より、皆さまの日々の活動に役に立つサービスをご紹介いたします。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
「質の高い情報見積もり&ユートピア活動に貢献します!」

ネット、リアルに関わらず、日々大量の情報が押し寄せる現代。その情報洪水の中で、大量の時間も消費(浪費)していませんか?

そんな悩みをお持ちのあなたに朗報です。

オピニオン誌<ザ・リバティ>のウェブサイト《ザ・リバティweb》(http://www.the-liberty.com/)より、新しいサービスがスタートしていることをご存知でしたか?

そのサービスは「デイリー・ニュース・クリップ」です!
ザ・リバティweb デイリー・ニュース・クリップ
【Daily News Clip】http://www.the-liberty.com/newsclip.php

毎日の時事問題に対して、ザ・リバティ編集部が「これは知っておきたい」ニュースを選別。さらに、そのニュースに対して、編集部が独自に"ニュースの見方"を加えたのが、この「デイリー・ニュース・クリップ」です!

まず毎日の押さえておくべきニュースが厳選されているだけでも時短効率が高まりますが、さらに、そのニュースに対してザ・リバティ編集部がどんな視点で見ているかを知ることができるということは、世の中を正しい目で見る質の高い「情報見積もり」としてもお役に立てると自負しております。

この「デイリー・ニュース・クリップ」は、現在はキャンペーン期間として無料で公開しています。(2011年1月中旬に一部有料購読会員限定サービスに移行する予定です)

有料購読会員の方には、この「デイリー・ニュース・クリップ」を電子メールでもお届けいたしますので、毎日の厳選ニュース&解説を楽々チェックできることもうれしいサービスです。(本メール下部にサンプルがございます)

朝8時に届くメールをチェックし、そのまま辻立ち等にご活用いただくことや戸別訪問時の話題としても、さらにはネット上の意見発信の参考としてもご活用いただくことができるので大変便利です。

この機会に、ぜひ有料購読をおすすめいたします!(月額520円)

これからも、皆さまの質の高い情報見積もりやユートピア活動に貢献できるようにサービス向上に努めて参ります。

ザ・リバティ編集部 http://www.the-liberty.com/

※「ザ・リバティweb」の詳しい内容は、こちらからご覧いただけます。
ザ・リバティweb
http://www.the-liberty.com/st/welcome/
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
>>>「リバティニュースクリップ」メルマガサンプル
━━━━━━━━━━━━━━━━
リバティニュースクリップ 1/7
http://www.the-liberty.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━

消費税に政治生命、内閣改造国会前に…首相明言(YOMIURI ONLINE)
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=813

編集部の見方:

「増税やむなし」の声が、次々と上がっている。去年の参院選で撤回したかに見えた消費税の増税を、首相が再び争点にしはじめた。

言っている中身は、要するに「年金をもらいたかったら、消費税増税を受け入れろ」というもの。欧州でも、この数年で欧州では英国やポルトガルなど12カ国が日本の消費税にあたる付加価値税を引き上げたから、増税がトレンドに見えなくもない。しかし、一方で年金の支給額のカットや支給開始年齢の引き上げも行なわれている。

財政赤字の原因は、増大する一方の社会保障費にあるわけだから、増税だけでなく年金の支給額の削減を含めて議論すべきなのだが、そこには誰も触れないのが不思議だ。(村)

「危機下なら核先制使用も」 中国軍が内部文書で明記 日米の警戒必至か(MSN産経ニュース)
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=812

編集部の見方:

中国の胡錦濤国家主席は「いかなる状況下でも核の先制使用はしない」と公言してきたが、実際にそれを保証するものはなかった。この記事が本当だとすると、アメリカなどから中国の重要拠点に空爆を受けた場合は核の先制攻撃があり得るということだ。ソ連も冷戦時代には「核の先制不使用」を公言していたが、検討していたのは先制使用だったことが後に明らかになっている。
中国がやろうとしているのは、自国の核兵器が侵略的なものではないと見せながら、その間に増強に増強を重ねるというものだ。

ちなみに、岡田克也外相は2010年5月、中国外相に対し、「5つの核保有国の中で核兵器の数を増やしているのは中国だけだ」と指摘し、核削減を求めた。民主党政権でも、真っ当な主張はあるにはある。(織)

武器調達見直し、削減計画公表へ=5年で8兆円節約-米国防総省(時事ドットコム)
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=811

成長へ人材と投資を世界から呼び込め(日本経済新聞 Web刊)
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=810

州知事暗殺で深まるパキスタン国内の分裂(The New York Times)
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=809

アフリカ経由ハマス行き? イランが武器密輸ルート構築(MSN産経ニュース)
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=808

日銀、包括緩和3カ月 当座預金残高が大幅増(日本経済新聞 Web刊)
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=807

人生最期も倹約?葬儀費ランキング…トップは千葉県(MSN産経ニュース)
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=806

インドネシア大統領、GDPを10年以内に2倍に(日本経済新聞 Web刊)
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=805

日経平均、7カ月半ぶり1万0500円台:識者はこうみる(ロイター)
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=804

>>> 以上、サンプル終わり。
08
2011
comment
0

2/17 Happiness Letter70〔NYでパネル・ディスカッション開催!!〕

皆さま、おはようございます!
来たる3月25日、「ニューヨーク 田母神俊雄・西村眞吾・饗庭直道パネル・ディスカッション」の開催が決定しました!!
本日は、この件につきまして、饗庭直道(あえばじきどう)広報本部長代理よりメッセージをお届け致します。
☆゜・*:.。. .。.:*・゜
【饗庭直道広報本部長代理寄稿】
「ニューヨーク 田母神俊雄・西村眞吾・饗庭直道パネル・ディスカッション、並びに田母神俊雄 講演会ツアーのお知らせ」

来たる3月26日(金)、ニューヨークのユニバーシティークラブにて、田母神俊雄(たもがみとしお)前航空幕僚長の講演会が開催されることになりました。
また、前日の3月25日には田母神さんと「保守の論客」として有名な西村眞吾(にしむらしんご)前衆議院議員と共に、緊急で自分もパネル・ディスカッション(懇親ディナー・クルーズ・セッション)に参加することになりました。
ニューヨーク 田母神俊雄・西村眞吾・饗庭直道パネル・ディスカッション

講演会ツアーの詳細につきましては、下記サイトをご覧ください。
「田母神俊雄 NY講演会」公式HP:http://www.tamogami-world.com/

今月2月2日、田母神さんは「頑張れ日本! 全国行動委員会」という日本の保守系を代表する全国組織の会長に就任されました。
現在、日本で月に20本のペースで講演をされていますが、それらの講演には田母神反対派も潜入していることもあり、彼らが講演中に抗議して騒ぎ出すと聴衆に迷惑がかかるため、田母神さんは日本では言いたいことを全て言える環境ではありません。
そこで、逆に海外から日本に向けて、田母神俊雄の本当の主張を発信していくのが開催の趣旨です。

田母神さんの主張は、真の意味で「国益とは何か」であり、それは偏向したメディアの影響下にある日本だと伝わらなくても、日本のメディアから離れ、NYから日本を見て初めて実感できるものであるとも言えます。

今後、保守系を陣営化し、民主党政権を打倒するにあたり、幸福実現党代表の一人として、自分も大きな役割を果たしていきたいと考えております。
ご支援頂ければ幸いです。

なお、今回のツアーの別の意義として、
・現職のアメリカの保守系議員や共和党関係者も参加する予定です。
・レセプションでは田母神さんとも懇親の時間をとることもできます。
その意味で、このツアーにご参加頂ければ、候補者や支援者の皆様方にとっても、今後の人脈を広げて頂く意味で、大変、貴重な機会になることとと存じます。

また、幸福の科学北米本部の主催企画として、
・総裁が住まわれていたフォレスト・ヒルズの視察
・総裁の勤務されたワールド・トレード・センター跡地の視察
・国連本部、ロックフェラーセンター、ヤンキースタジアム、NY支部精舎の見学等もオプショナルツアーとして企画されています。

公式HP上では2月20日(土)〆切となっていますが、自分の緊急参加も決まったため、2月22日(月)まで延長して申し込み頂けることになりました。

なお、22日までに参加が確定できない方でも、当日中に、お名前を下記アドレスに登録頂ければ、飛行機の座席確保上、主催者側にとって非常に便宜だとのことです。
(参加できなくなっても、キャンセル料の負担はないとのことです。)
是非、奮って御参加ください!!

申込先:主催者メールアドレスtamogami@ytrs.us

現代の「薩長同盟」成立に向けた一つの試金石になれば、と考えています。ご支援よろしくお願い申し上げます。

饗庭 直道

幸福実現党 あえば 直道 広報本部長代理

HP:http://aebajikido.blog54.fc2.com/
17
2010
comment
0

12/11 Happiness Letter2〔自己紹介〕

皆様、おはようございます!
「Happiness Letter」編集部の小鮒(こぶな)と申します。

昨日のメルマガ告知より、一日で600名を超える方々に購読の申込みを頂きました。
早速、購読申込み頂きました皆様に心より感謝申し上げます。

まず、私の自己紹介をしておかなくてはなりません!
私、小鮒将人(こぶなまさと)は、都内商社勤務の後、2007年4月青梅市議会議員選挙に出馬し、当選致しました。

その後、2009年5月に立党した、幸福実現党の理念に深く賛同し、この運動に参画することを決意。この夏の総選挙では、東京25区より、幸福実現党の公認候補として出馬致しました!

今後とも、燃える情熱と信念で、サポーターの皆様と共に、「幸福維新」を起こして参りたいと思います!
拙文ですが、幸福実現党の最新の動きや政策についてお伝えして参ります!
どうぞ、よろしくお願いいたします!!
☆゜・*:.。. .。.:*・゜
幸福実現党は皆様、ご存知の通り、来年7月の参議院選に参戦いたします!
幸福実現党がこの夏、警鐘を鳴らして来た通り、国難が到来しつつあります。
それは、ナイヤガラの滝から落ちていくスピードで日本が崩れ落ちていこうとしているからであります。

アメリカ軍の普天間飛行場の移転問題では、鳩山首相の八方美人的態度によって、政府方針が二転三転し、日米同盟の危機に陥っています。

また、鳩山政権による補正予算の執行停止、ダム建設中止等の公共事業削減や金融無策によって、不況が進み、失業、倒産、リストラが深刻化しています。

さらに、「事業仕分け」による見境のない事業削減によって、様々な企業の株価が下落し、日本経済に大ダメージと先行きの暗さを与えています。

安全保障や景気回復という政府の中核部分をおろそかにし、悪化させている鳩山民主党政権に「No」を突きつけ、経済成長と安全保障強化を実現するために、幸福実現党は来夏、勝負をかけて参ります!
皆様、どうぞご支援、よろしくお願いいたします!!

こぶな 将人

小鮒将人

HP:http://blog.canpan.info/kobuna/
11
2009
comment
0

12/10 Happiness Letter1〔創刊のご挨拶〕

皆さん、こんにちは!
「ハピネスレター」編集担当の小鮒(こぶな)と申します。
このメルマガは、日本・世界を巡る様々なトピックを中心に、幸福実現党に関するニュースなどをお届けしていきます。
どうか、一人でも多くの方に、ご覧いただきたいと思います。よろしくお願いいたします!

本号は創刊号でありますが、幸福実現党「再始動」にあたり、木村智重(きむらともしげ)党首より皆さまへのメッセージをお伝えさせてただきます。
☆゜・*:.。. .。.:*・゜
【党首・木村智重(ともしげ)ホームページより転載】 
11月22日、幸福実現党・再始動大会を開催致しました。
再始動に向けて応援くださいました数多くの支援者の皆さまに心より感謝申し上げます。

再始動大会におきましては、私の方より、来年の参議院選に向けて、全国規模での立候補者擁立を念頭に置きつつ、積極的にチャレンジしていく旨、宣言致しました。

積極的なチャレンジに驚かれる方もいらっしゃるかと思いますが、ナイアガラの滝から転落していくような日本国の危機にあたって、私たちは、黙って指をくわえて見ているわけにはいきません。

私たち幸福実現党は、先の衆院選において、「国難への警鐘」を全国で鳴らして参りました。今、時代の流れを見ていると、まさしく、この国は、私たちが危惧した方向へと転落していかんとしております。

鳩山政権の「子ども手当」や「公立高校授業料の無償化」は、一見、子供たちにとっても良い政策のように思えます。
しかし、これら一律のバラマキ政策が実行に移されれば、将来の大増税は避けられません。私たちは、子供たちを過酷な重税・財政赤字で苦しませたくはありません。

鳩山政権は、国家が全て面倒を見る社会主義的な「大きな政府、重税国家」へと向かっています。幸福実現党は、これに対し、できるだけ「小さな政府、安い税金」を実現し、「自由が繁栄を生む豊かな国家」を創らんとしています。

国民が自助努力、創意工夫し、その個性や才能を伸び伸びと発揮できてこそ、この国を富ませ、繁栄を生み出せると考えるからです。

また、「鳩」というイメージに幻惑されがちですが、国防問題も危うくなっています。「友愛」を唱えておれば、平和を享受できるほど、国際政治の現実は甘くありません。

日米安保は「自由主義を守るための軍事同盟」ですが、鳩山首相の言うアメリカとの「対等」の関係、思いやり予算の見直し、普天間基地移設問題の迷走、東アジア共同体、インド洋上での給油活動の中断、親中政策とくれば、その方向性は明らかです。

日本が自由主義陣営から離脱し、思想の自由、言論の自由、信教の自由、政治参加の自由が存在しない社会主義・独裁国家陣営に入るという鳩山政権の選択は「愚か」としか言いようがありません。

「自由を守るための軍隊」と「自由を抑圧するための軍隊」は違います。幸福実現党は、日米同盟を堅持し、独自の防衛体制も強化すべきであると考えます。

将来への不安が増し、国民に「大きな政府」に頼る気持ちが出ている今、その正反対の正論を説くことは勇気のいることです。

しかし、「自由の価値」を守り、子供たちに「平和と繁栄の未来」を引き継ぐためにも、「真に国民のためになる政策」を、これからも訴えていきたいと思います。

木村 智重(ともしげ)

幸福実現党 木村智重(ともしげ)党首

HP:http://kimura-t.hr-party.jp/
☆゜・*:.。. .。.:*・゜
今後とも、さまざまなトピックについて、このメルマガを通じて皆さまにお知らせいたします。
応援、よろしくお願いいたします☆
10
2009
comment
0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。