Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
comment
-

12/31 Happiness Letter22 〔中国植民地の実態〕

皆さま、おはようございます!
2009年最後のハピレタは、以前にも登場頂きました静岡県本部参議院選挙区代表の中野雄太氏(ゆうた)氏のメッセージをお届けします!
今回は、中国の植民地政策に対する緊急報告です。是非、お知り合いの方に本メールを転送し、この実態を広くお伝えください!
☆゜・*:.。. .。.:*・゜
【中野雄太氏寄稿】
この度、レコードチャイナのネット版に驚愕の記事が掲載されていました。
なんと、中国は来年から新疆(しんきょう)ウイグル自治区の小中学校で中国の国旗と国歌斉唱を義務付けることにしたのです。
最近、教育現場でウイグル語を使うことが禁止されたことに加え、ウイグル族の「漢化政策」「民族浄化政策」の一環です。

新彊ウイグル自治区は、元々、中央アジアの「東トルキスタン共和国」というウイグル族を中心とするイスラム教の民族国家でした。
1955年に中国の植民地となって以降、今日まで大量の虐殺と宗教弾圧と焚書坑儒が公然と行われました。
中国は、植民地化後、イスラム教のモスクを破壊したり、コーランを焼き払う等、徹底的な宗教弾圧を行ったのです。

また、中国は、新疆ウイグル自治区で1964年から46回に渡り、メガトン級の地表核爆発実験を行っています。
札幌医科大学の高田純教授による調査では、核実験による被害でウイグル人ら19万人が急死したほか、急性放射線障害など甚大な影響を受けた被害者は129万人に達するとのことです。

中国は新彊ウイグル自治区に風が吹いている日を選んで核実験を行うなど、まさにやりたい放題です。
砂漠の砂が入り交じった「死の灰」による「民族浄化」です。
被爆国は日本だけではなく、新疆ウイグル自治区でも現在進行形で進んでいるのです。

私が主張したいことは、今日の新彊ウイグル自治区で起きていることは、明日の日本の姿かもしれないということです。
日本が中国の属国になれば、日本語の使用が禁止され、日本の宗教や伝統文化は徹底破壊され、日本は核実験場となることでしょう。

鳩山・小沢民主が親中国寄りの姿勢を貫き、軍事力と経済力、そして歴史認識で屈したならば、確実に中国の植民地になります。
今こそ、経済力、軍事力、教育、歴史認識においても、隣国の脅威に屈しない「毅然たる日本」をつくらねばなりません。

民主政権による「日本の未来図」は、今回紹介した新彊ウイグル自治区やチベットの姿にあります。
日本人は冷静になって中国に対する幻想から目覚め、自国を大切にするべきではないでしょうか。

中野 雄太

幸福実現党 静岡県代表 中野雄太

中野雄太氏HP:http://nakano-yuta.hr-party.jp/

☆゜・*:.。. .。.:*・゜
暗い世相となって参りましたが、私たち幸福実現党は、日本に「希望の未来」を拓くために立党致しました!
本年一年の皆さまのご指導ご支援に心より感謝申し上げますと共に、
新しい年が、皆さまにとって、素晴らしき年となりますことをお祈り申し上げております。
スポンサーサイト
31
2009
comment
0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。