Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
comment
-

5/31 Happiness Letter174〔宗教立国への道〕

皆さま、おはようございます!
昨日、5月30日、神戸ワールド記念ホールにて国師・大川隆法総裁の大講演会『宗教立国への道』が開催され、日本と全世界3500会場に衛星中継されました。
宗教がなぜ政治に進出する必要があったのか。その講話のポイントは以下の通りです。
☆゜・*:.。. .。.:*・゜
・この国に一本、精神的支柱を立てたい。1億3千万人の国民がいて、世界のリーダーとなるべき使命を担っておりながら、現状は、その使命を十分に果たせないでいる。

・一国は一人によって興り、一人によって滅ぶ。鳩山総理の決断は、日米同盟の維持、国民の安全という点において正しいが、9ヶ月もかかって、この結論に達した判断力・指導力の稚拙さに無念の思いを抱かざるを得ない。

・今、「自助努力」の精神を説いている。自助努力せず、怠惰に生き、他から与えられることのみを願う人間を多数つくったならば、社会や国家に来るものは「衰退」である。日本は今、その岐路に立っている。

・国民の多くが、自国のみならず、世界の人々をも幸福にするところまで努力精進を続けることを願うならば、日本の未来はまだまだ明るい。

・『幸福実現党の目指すもの』に政党を立てた志を述べた。この国が深い海の底へ沈んでいくのを座して見ていることは到底できない。たとえどのような批判を受けようとも、言うべきことは言う。

・今、我々が立ち向かわなければならない課題は二つ――

・中国、北朝鮮に共産主義体制が残っている。この「最後の冷戦」を終わらせ、世界の人々が同じ土俵で話し合える世界に変えていきたい。

・北朝鮮問題で苦しんでいるのは日本や近隣諸国だけではなく、北朝鮮の国民も同じ。中国も一党独裁で13億の民を苦しめている。

・今、中国が自由と民主主義国家へと舵を切るならば、世界は大きく平和へと前進し、次の大きな世界戦争は起きない。その方向へと導いていきたい。

・そしてもう一つ、キリスト教、ユダヤ教圏対イスラム教圏の、宗教の相互理解の欠如による戦争と怒り、憎しみが続いている。

・今、私は、宗教の違いを乗り越え、世界が一つの神の名、思想の下に融合し、平和への道を開くことを目指している。

・私が幸福実現党を立党したのは、小さな利益団体を作るためではない。この国の没落から国民を救い、全世界の人々に幸福への道標を指し示すためである。

宗教立国の精神

スポンサーサイト
31
2010
comment
0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。