スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

12/26 Happiness Letter17 〔首相よ、最初で最後の決断を!〕

皆さま、おはようございます!
クリスマスイブに鳩山首相は記者団から「鳩山サンタから国民へのプレゼントは何か」と問われると、笑顔で「国民の皆さんに、夢と希望をプレゼントしたい」と語りました。
しかし、鳩山サンタが国民に与えたのは「失意と落胆」というプレゼントでした。

首相就任100日目、「ハネムーン期間」が終わる24日、鳩山首相の元秘書が在宅起訴されました。
虚偽記載額は4億円に上り、現職首相の元秘書が立件されたのは初めてになります。
民主党の代表は、二代続けて、その秘書が「政治とカネ」で刑事責任を問われる異常事態となっています。

鳩山首相はかつて「秘書の罪は国会議員の罪。ことに金庫番秘書ならなおさら」と厳しく自民党を批判をしていましたが、お得意の御都合主義で、自らの「秘書の罪」は「自らの罪」とは受け止めていないようです。

また、鳩山首相は実母からの12億6千万円の資金供与の脱税を認め、贈与税6億を納めると発表しました。
鳩山首相は、母からの12億もの資金供与を「何も聞いていなかった」と言い続けています。
その金銭感覚は、私達庶民から見れば、大気圏をはるかに突破し、宇宙人レベルに達しています。

鳩山首相は7月に実母からの資金供与は「(上限の)150万円以外はないと信じている」と語っていましたが、結局、ウソでした。
鳩山首相は、史上最大の「子ども手当」をもらっていたのです。その「偽装」がばれ、巨額脱税を認めた形になります。

バラマキの財源として、来年から扶養控除は所得税、住民税とも廃止され、大増税が始まります。
首相自らは“納税意識”を持たず、国民にだけ増税を強いるのは「悪政」の極みです。

当局側は、身内(母親)からのカネは「ヤミ献金ではない」「きれいなカネ」と判断しているようですが、
母親のブリジストンタイヤの売上増のために「高速道路の無料化」をするならば「賄賂性」は極めて高いと考えられます。
いろいろな噂が飛び交っていますが、本当に「実母からのカネ」であったのかも含め、資金の徹底捜査をして頂きたいと思います。

また、鳩山首相は「『鳩山辞めろ』という声が圧倒的になった場合、国民の皆さんの声を尊重する」と語っていますが、普天間問題に加え、自らの進退さえ、自分で決断できない首相を大変恥ずかしく思います。

鳩山首相は2002年の街頭演説で、「もし、鳩山由紀夫の秘書が同じことを行っていたとすれば、私はすぐに国民の皆さんに謝罪を申し上げ、国会議員のバッジをはずします」と宣言しています。

その公約を守り、鳩山首相は、自らの進退を自ら決し、潔く、「政権交代」すべきです。
それが、日本を亡国の危機から救うために、鳩山首相が打てる最大の一手ではないでしょうか。
鳩山首相に、「最初にして、最後の判断」を求めたいと思います。
26
2009
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/18-2a396c8a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。