スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

6/22 Happiness Letter196〔「木を見て森を見ず」〕

皆さま、おはようございます!
日本経済を危機に陥れる菅首相の経済政策について、本日は東京都で必勝体制を固める やない筆勝総務会長 兼 東京都本部参議院選挙区代表より2回に渡りメッセージをお届け致します。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
【やない筆勝総務会長寄稿】
菅首相は20日、横浜市で街頭演説し、「福祉をつぶして税金を安くしたままでいいのか。国債発行を増やしてギリシャのように財政破綻になっていいのか」と消費税引き上げの公約を訴えました。

菅首相は「財政再建」という「木」だけしか見ておらず、「景気回復・経済成長」という「森」を見ていません。

菅首相は、財務大臣時代、財務官僚の「国債はあと数年で紙クズになりますよ」というレクチャーを何度も聞かされ、「財政再建」という「木」がやたら大きく見え、不況下での「増税」や「緊縮財政」が日本経済に大ダメージを与えるという「森」の部分が全く見えなくなっているのです。

菅首相は「増税しても、使い方を間違えなければ景気はよくなる」と「増税による成長」を述べていますが、消費税導入や消費税引き上げの結果、景気が減速し、税収が減った教訓を学ぶべきです。

例えば、1997年、橋本政権は財政再建を掲げて消費税増税に踏み切り、戦後初のマイナス成長を記録し、結果的に財政赤字の急激な悪化を招いています。

財政は、財務省の役人が机上で考えているような足し算、引き算の通りにはならないのです。
財政はマクロ経済と密接に絡んでおり、増税や緊縮財政が経済に大きなダメージを及ぼし、財政に跳ね返って来ることを知るべきです。

また、菅首相や財務省、マスコミ等が「ギリシャの財政破綻」を日本に当てはめ、いたずらに国民の危機意識を煽り、消費税増税を押し付けているのは問題です。

ギリシャ国債の70%を海外の投資家が持っていますが、日本国債は日本国民が95%を安定保有しています。
また、ギリシャは経常赤字が続き、欧州最大の債務国になっていますが、日本は継続的な経常黒字で、世界最大の債権国になっています。

経済政策は、幸福実現党の「成長なくして増税なし」が基本であり、経済を成長軌道に乗せずして、さらなる増税を国民に課すべきではありません。(つづく)

やない 筆勝

幸福実現党 やない筆勝(ひっしょう)総務会長

HP:http://yanai-h.hr-party.jp/news/
22
2010
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/202-775ab5de

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。