スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

7/1 Happiness Letter205〔消費税問答〕

皆さま、おはようございます!
いよいよ7月に入り、選挙期間は、残すところ、本日も含め、10日間となりました。
本日は「消費税増税反対」をお伝えしていく中で、よく出てくる質問にお答えした事例です。
ご参考になれば幸いです。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
※幸:幸福実現党のサポーターさん、店:店長さん

幸「幸福実現党は消費税増税に断固反対してます!」
店「何言ってんだい!消費税上げないと、日本の財政は破綻しちまうよ!」
幸「確かに、日本の財政は大変です。でも、税率を上げても、税収は増えないんです。」
店「え?」
幸「1997年、消費税を3%から5%に引き上げましたが、以降、税収が落ちて、財政赤字が増えてるんです。
消費税増税で、消費不況で景気が悪くなって、所得税や法人税が減ったからです。
だから、消費税の税率を上げても、税収は増えないんです!」
店「消費税が上がると、本当に景気が悪くなるんかい?」
幸「そりゃそうですよ。消費税の負担が倍になれば、その分、みんな、毎日おかずを一品、二品減らしますよ。
そしたら、お店の売り上げは減っちゃいますよ。不況期の増税は絶対にご法度なんです!」
店「うーん、そりゃ困るねえ」
幸「消費税増税になれば、全ての品物の値段が上がり、消費が減るんです。
実際、消費税増税の97年以降、7年間も小売売上高が減ってます。お店にとって大問題です!」
店「うーん、だけど、消費税上げないで日本の財政や社会保障は大丈夫かい?」
幸「財政を立て直すには、景気を良くすることが一番なんです。
昨年、赤字企業が初めて7割を超えて法人税が落ち込みましたけど、景気がよくなれば、法人税、所得税収入は一気に伸びます。
景気の良かった1990年に60兆円あった税収が、今や37兆円にまで下がってます。
逆に言えば、景気が良くなれば、数十兆円単位で税収は増えるんです!」
店「でも、このままだと日本はギリシャのようになるって、菅総理が言ってたぜ!」
幸「ギリシャ国債は7割が海外の投資家が持っていて叩き売りが行われましたけど、日本国債は日本国民が95%を持ってます。
家庭に例えれば、日本は夫婦で借金してるようなものです。
また、ギリシャは欧州最大の債務国ですが、日本は世界最大の債権国で、経済規模は比較になりません。
日本はすぐにギリシャのようにはなりません。
だから、今、焦って増税に走ることなく、景気回復、経済成長に取り組むべきなんです。
そしたら、高度経済成長期のように、税収はドンドン自然増していくんです!」
店「でも、どうやって景気を良くするんだい?」
幸「幸福実現党は、大胆な公共投資、企業やお店の資金繰りを助ける金融緩和、規制緩和や法人税の減税等で、必ず景気を良くしていきます!」
店「よし、分かった!任せた!景気回復よろしく頼むよ!」
幸「ありがとうございました!頑張ります!」
握手!!
( ^ー^)=O=(^ー^ )
01
2010
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/211-34323ab9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。