スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

8/4 Happiness Letter240〔亡国の民主党政権〕

皆さま、おはようございます!
昨日に引き続き、参院選沖縄選挙区で活躍された金城竜郎(きんじょうたつろう)氏より、「亡国の民主党政権」と題し、3回目のメッセージをお届け致します。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
【金城竜郎氏寄稿】
沖縄県は161の島嶼によって構成されており、そのうち有人の島は61島、残りの100島は、警察官も駐在していない無人島です。

このような沖縄県の地理を考えれば、沖縄全島に陸上自衛隊を駐在させることは事実上、不可能であり、沖縄防衛のためには、強襲揚陸艦やヘリコプターから強力な兵力を離島に上陸させる能力を持った米海兵隊の存在が不可欠です。

また、沖縄の米海兵隊の緊急展開能力が、台湾海峡や朝鮮半島の安定の礎となっていること、米海軍の圧倒的な戦力的優位が50年以上に渡ってシーレーンの安全を保障してきたこと等について、民主党政権は全く理解していません。

鳩山前首相は、こうした在沖米軍の「抑止力」について理解できずに、「最低でも県外移設」と公約して沖縄県民を騙して政権を取り、辺野古移設で進んでいた「日米合意」を土壇場で引っ繰り返しました。

幸福実現党の支援者の皆様は、中国の海洋覇権の脅威が迫る中、日米合意の重さが分かっていない鳩山首相に対し、「首相一人の軽はずみな言動で、現に日米同盟にかつてない亀裂を生じさせつつある」と何度も警告、抗議して参りました。

また、私達は「日米合意のとおり辺野古に移設するしかない」と強く主張して来ました。そして、5月28日の日米共同声明において、私達が主張して来た通りになりました。

昨年の衆議院沖縄選出の民主党議員の得票は、全て「最低でも県外移設」を約束して頂いた票であるので、今や「無効票」と言えます。菅政権は道義的責任を取って即刻、解散総選挙を行い、沖縄県民の信を問い直すべきです。

更に、今回の参院選においては、民主党は「日米合意」の履行を掲げて候補者を立てるべきであったのにもかかわらず、沖縄県選挙区において、公認候補も、推薦候補も立てませんでした。

民主党は、沖縄県民に対して謝罪も説明責任を果たすことなく、「敵前逃亡」した、全く卑怯千万な政党です。

今後、菅政権が普天間基地解決の方向性を誤った場合、日米同盟はもろくも崩れ去り、日本と東アジアの「平和と安定の時代」が終わり、「騒乱と混乱の時代」が到来することを覚悟しなくてはなりません。(つづく)

金城 たつろう
幸福実現党 金城たつろう

HP:http://www.kinjou-tatsurou.hr-party.com/
04
2010
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/247-21225056

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。