スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

8/13 Happiness Letter249〔消費税の滞納額は最悪〕

皆さま、おはようございます!
本日は、参院選で静岡県候補者として活躍した中野雄太氏から「消費税の問題点」について4回に分けてメッセージをお届け致します。
本日、明日は「消費税の滞納問題」がテーマです。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
【中野雄太氏寄稿】
昨年から今年にかけて二年連続して選挙に出馬したこともあり、消費税の問題に関して敏感になりました。今年の参院選では「消費税増税」を掲げた管政権に対し、「景気回復」を最優先する見解をとって戦って参りました。

ただ、消費税問題については、税制の問題抜きには語れないことも事実で、かなり消費税法や国税庁のHPを参考しながら詳細を研究しているところです。

その中で、これは無視できないと思ったのは「消費税の滞納問題」です。

滞納額が最大となっている税金は「消費税」です。平成20年度の税金の滞納額は法人税1,893億円に対し、消費税4,118億円です。消費税の新規発生滞納は67万件に達し、滞納額で全税目の45.8%を占めています。

法人税と異なり、消費税は「欠損法人(赤字で法人税を納めない法人、日本の法人の3分の2を占める)」の納税免除がない分、多くなっていることは間違いありません。

しかし、問題は他の税金と比して、消費税の滞納額が際立って高いことにあります。

国税庁は「消費税シフト」を敷いて取り立てを厳しくしているようで、中には、売掛金がいつの間にか国税庁によって差し押さえられていた業者もいて、銀行からの借り入れができなかった事例もあったようです。

「消費税の滞納」というと、消費者から消費税を預かっておきながら、国に収めていない「悪徳業者」がいると受け取られがちですが、故意に消費税を滞納している業者が多いわけではありません。

では、なぜ消費税の滞納額が多いのか?ここにマスコミが取り上げない「消費税の問題点」が浮き彫りになっています。

明日は、その原因について検証いたします。(つづく)

中野 雄太

幸福実現党 静岡県代表 中野雄太

HP:http://nakano-yuta.hr-party.jp/
13
2010
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/256-1e863a14

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。