スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

9/3 Happiness Letter270〔円高が起きている原因3〕

皆さま、おはようございます!
幸福実現党 小島一郎(こじまいちろう)幹事長代理のホームページ(&ブログ)、twitter(ツイッター)が公開となりました!
ホームページ:http://kojima-ichiro.net/blog
twitter:http://twitter.com/kojimaichiro
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
本日は、参院選で静岡県候補として活躍した中野雄太氏から「円高が起きている原因」の3回目のメッセージをお届け致します。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
【中野雄太氏寄稿】
8月下旬、日銀の追加金融緩和期待などで長期金利が一時、約7年ぶりに0.9%を下回りました。

しかし、民主党の小沢一郎前幹事長が代表選出馬を表明すると、財政支出拡大と国債増発への懸念が広がり、先週末になって1%台に急上昇しました。

社債や国債などの「債券」は、その価格と利子率が反比例します。

つまり、価格が上がれば利子率(「利回り」とも言う)が下がる構造になっています。

先般、新発10年物国債が0.9%を下回ったことは、日銀による金融緩和によって「長期国債の利子率が下がる」=「国債価格が上昇する」と投資家が予想したことの裏返しです。

一方、日経平均株価の下落により、危険資産である株よりも安全資産である「国債」にシフトする動きが出ました。

株価の低迷と長期国債金利が低下したのはこうした理由によるものです。

加えて、「アメリカの景気後退」と「ギリシャ危機」が併発したために、頼みの綱は安定資産である「日本国債」となったのです。

これが「円買い」の需要を高めた第二の理由です。(つづく)

中野 雄太

幸福実現党 静岡県代表 中野雄太

HP:http://nakano-yuta.hr-party.jp/
03
2010
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/280-d1574778

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。