スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

12/12 Happiness Letter3〔自由を守る〕

皆さま、おはようございます!
Happiness Letter編集部の小鮒(こぶな)です。
購読者ももう少しで1000名を超える勢いです。購読頂きました皆さま、ありがとうございました!
☆゜・*:.。. .。.:*・゜
【こぶな将人寄稿】
韓国を訪問している民主党の小沢一郎幹事長は本日午前、ソウル市内の国民大学で講義を行い、永住外国人への地方参政権付与法案について「日本政府の姿勢を示す意味でも、政府提案として参政権を認める法律を出すべきだと思っている。鳩山内閣は同じように考えている。来年の通常国会でそれが現実になる」と語りました。

今回の外国人参政権法案の件にしても、普天間基地の移転問題、小沢幹事長率いる大訪中団、中国国家副主席の天皇陛下との「特例」会見、日中初の合同軍事訓練合意など、鳩山政権の「離米親中」路線が日々、強くなっています。

天皇陛下との会見問題に見られるように、アメリカからの「強い要請」に対しては「対等」な姿勢で突き放し、中国からの「強い要請」に対しては断り切れないのが民主党です。

アメリカは、鳩山政権の「日米離反」「日中接近」の本質を見抜いています。
日米が引き離される中、日本は、チベットやウイグルのような自由のない共産主義国家の「属国」になる危険性が増しています。

幸福実現は「自由主義陣営」の立場を守り、「日米同盟堅持」を訴えています。そして「自由からの繁栄」を実現すべく、政道を正して参ります。

こぶな 将人

小鮒将人

HP:http://blog.canpan.info/kobuna/
12
2009
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/3-5b1d3f0e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。