スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

10/13 Happiness Letter309〔石垣島を揺るがしたデモ行進〕

皆さま、おはようございます!
本日は、竜の口法子(たつのくちのりこ)女性局長より「石垣島を揺るがしたデモ行進」と題し、2回目(最終回)のメッセージをお届け致します。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
【竜の口法子女性局長寄稿】

尖閣危機が高まる中、10日、石垣島で「八重山の自由を守る会」主催の「尖閣諸島を守ろう平和行進」が行われ、私も参加させて頂きました。

前日の『八重山日報』などの新聞にも「尖閣諸島は日本の領土!!」という意見広告&デモ行進の案内広告が掲載され、町には横断幕が張られました!
尖閣諸島を守ろう平和集会1
尖閣諸島を守ろう平和集会2
人口4万8千人の小さな島のデモに100人以上が集結し、大変な注目を集めました!

集会では拓殖大学客員教授の惠隆之介氏や、協賛団体の幸福実現党関係者らが挨拶し、「尖閣諸島を守ろう平和集会」決議を採択しました。

デモでシュプレヒコールをすれば、沿道から、車から、窓から手を振って応えてくださり、自転車に乗りながら私たちと一緒に拳を上げて叫んでくださった方もいらっしゃいました。
尖閣諸島を守ろう平和集会3
尖閣諸島を守ろう平和集会4
尖閣諸島を守ろう平和集会5
石垣島でのデモ行進は珍しく、「尖閣を守る気概」に対して、町中が温かい祝福で満ちていた気がします。

今回のデモは、石垣島でも大変な話題となり、10月12日の地元紙『八重山日報』に1面トップ記事として、「“尖閣諸島は日本の固有の領土"デモ行進でアピール」という大見出しで、紙面の半分を使って、写真付きでデモの様子が事細かに報道されました。

また、惠隆之介氏や里村英一広報局長をお招きした「八重山の自由を守る会」主催の「緊急政治フォーラム」の様子も写真付で同紙1面に報道され、
惠隆之介氏の主張として「『日米関係を友好なものにしないと、そのうち中国に侵略される』と指摘し、日本政府に対して毅然たる外交姿勢を求めるとともに、日米同盟の強化や尖閣諸島、先島諸島への自衛隊即時配備を求めた」と報道されました。

それにしても菅さん、仙谷さんは、国家と国益を預かる政権中枢にいながら、領土や主権を侵されたことへの責任感がこれほどまでに無いのはどうしてでしょうか?

今回、中国側の反応は明らかにこれまでの一線を越えたのです。現実を直視すれば、日本は植民地化されます。菅外交は試され、そして「敗れた」のです。

しかし、与那国島にも、石垣島にも気骨のある“侍"はいました。島民は決してあきらめていません!

希望は、私たちの声を決して止めることなく、訴え続けることの中にあります!

今回のデモ行進に向けて、『尖閣諸島への自衛隊の即時配置を求める署名』は石垣島だけで、なんと4,000人を超えたのです!

「絶対に日本の国を自分たちで守る」――この強い信念で、忍耐強く、これからも「正論」を訴え伝え続けて参りましょう!

竜の口 法子

幸福実現党 女性局長 竜の口法子(たつのくちのりこ)

http://tatsunokuchi-noriko.hr-party.jp/"
13
2010
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/323-581a878e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。