スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

1/11 Happiness Letter33〔小沢氏vs検察の背景〕

皆さま、おはようございます!
ハピレタ編集部のこぶな将人です。今回の記事は、私の個人的な見解でありますので、どうかご了承頂きたいと思います。
☆゜・*:.。. .。.:*・゜
民主党の小沢氏は、代表時代から「政治とカネ」の問題で、検察と対決をしてきました。
報道では、小沢氏への事情聴取が行われる方向です。

私はこの問題の根底には、小沢氏が尊敬する田中角栄氏がロッキード事件に関して検察と壮絶な戦いを繰り広げてきたことに起因していると推測しています。

ロッキード事件そのものは、アメリカ発の「国策捜査」だと言われています。
田中氏の子飼いであった小沢氏としては、田中氏の政治生命を事実上絶つことになったロッキード事件に対して、大変な憤りを持っていたと思われます。

長年の恨みとでもいうのでしょうか。検察に対して強い報復の気持ちがあったとしてもおかしくはありません。
西松建設の献金問題に対しても、民主党側が検察に対して「国策捜査批判」をしたのも、そうした怨恨があるのでしょう。

それに対して、検察側としても、西松建設の献金問題、そして今回は「陸山会」の土地取得問題に対して、徹底的に捜査を行おうとする姿勢は明らかです。
たとえ両事件が巨大な氷山の一角に過ぎないとしても、検察の「小沢氏の巨大な闇に手を突っ込む」という意思表示のように見えます。

今回の事件も、土地を媒介として政治資金収支報告書に記載がない計16億円の資金移動の全てに小沢氏が関わっており、決して見過ごしてはならない大きな問題であることは、言うまでもありません。

小沢氏が自由党を解散した際、政党交付金(元は税金)を国庫に返納しなかった疑惑も問題化しています。

こうした政治家が、堂々と日本の「国家主席」ぶっている現状を大掃除すべき時期が来ました。
検察には徹底的に真相解明に務めて頂きたい。
それが国民の総意であり、天意でもあろうかと思います。

こぶな 将人

小鮒将人

HP:http://blog.canpan.info/kobuna/
☆゜・*:.。. .。.:*・゜
幸福実現党機関誌『幸福実現News』今月号(第4号)の一面記事は、民主党の「バラマキ」予算が「将来の大増税」になる根拠を示しています。
二面では、普天間基地移設問題について、黒川白雲政調会長による現地レポートをお届けします!
マスコミは「辺野古移設反対は県民の総意」と伝えていますが、果たして実態はいかに?
3面では、民主党政策の「農家への戸別所得補償」について、赤字が増えるほど得するという、驚きの事実をお伝えします。
木村智重党首の初コラムもお楽しみに!!
幸福実現News』は、党員の皆様に毎月、郵送でお届けしています!(党員申込はhttp://www.hr-party.jp/entry/member.htmlまで)
まだ党員になられていない方は、ぜひ、「TEAM幸福維新」の一員として、日本の歴史を変える主役となってみませんか?
11
2010
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/34-5401dfc7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。