スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

11/8 Happiness Letter335〔尖閣ビデオ公開者は「英雄」である(2)〕

皆さま、おはようございます!
この度、10月30日に沖縄県石垣市で開催された国師・大川隆法党名誉総裁の講演『国境を守る人々へ』がラジオ「FMいしがき」で本日から3日間に渡り、全編放送されます!

放送日程は8日(月)13:00~/9日(火)10:00~/10日(水)9:00~です。

番組前半は地元石垣のタウン情報が30分弱放送され、その後に「特別番組・幸福の科学 大川隆法総裁講演『国境を守る人々へ』」が放送されます。

石垣と沖縄、日本の平和と安全のために、特別番組を企画されました「FMいしがき」様の勇気ある決断に心より感謝申し上げます。

また、この番組はインターネットにもライブ配信され、パソコンやドコモの携帯電話から上記時間帯に生放送で聞くことができます。
パソコンから⇒http://219.117.230.218:8080/push1
携帯電話ドコモから⇒http://www.fmishigaki.jp/mobile/
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
昨日7日(日)、沖縄県宜野湾市のジュビランスで《尖閣諸島を守れ!国際平和シンポジウム「沖縄よ、目覚めよ!》と普天間基地周辺デモが開催されました!!

シンポジウムには会場いっぱいの450名の聴衆が参加し、その後、激しい雨の中、「日米同盟強化」「県内移設による普天間基地の迅速な危険の排除」等を求める普天間基地周辺デモには1,100名を超える人々が集いました!

シンポジウムとデモの様子は、金城タツロー氏のUstreamチャンネルをぜひ、ご覧ください。
⇒http://www.ustream.tv/channel/kinjo-tatsuro-ch
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
本日は、立木秀学党首より「尖閣ビデオ公開者は『英雄』である」と題し、2回目(最終回)のメッセージをお届け致します。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
【立木秀学党首寄稿】

漁船衝突事件では、わが国政府は、事件後、即時にビデオを公開し、中国漁船の悪質さを世界に示し、国際世論を味方につけると共に、中国政府に対しては毅然とした態度を貫いて、中国漁船船長を処断すべきでした。

これによって、仮にAPECでの胡錦濤主席の来日を中止すると言われても、「来なくて結構」「レアアース禁輸で世界の貿易体制を乱す中国をAPECから締め出すことを検討すべきだ」などと主張して、
国際社会との連携を図り、逆に向こうから頭を下げて参加を求めざるを得ないような状況に追い込めばよかったのです。

また、映像を見れば、中国漁船が海保巡視船に体当たりしてきたのは明白であるにもかかわらず、中国政府は「海保巡視船が中国漁船の進行を妨害した」と主張し、かつ中国国内でそのように報道させているのですから、
中国は北朝鮮と同様、国際社会でまともな発言が可能なレベルではなく、中国国民も中国政府から愚民扱いされており、大変気の毒な状態です。

今回の映像流出によって日本側の正しさと中国側の虚言体質が明らかとなったのですから、中国が漁船船長を「英雄視」するなら、日本では情報公開者を「英雄」として扱うべきだといえましょう。

わが国政府が真実に基づいて正義を主張することは、単に日本の国益に適うというだけにとどまらず、情報統制下に置かれた中国国民にとっても真実に目覚めるきっかけともなるのです。

嘘や恫喝を含まない真の日中友好を目指すのであれば、映像流出の犯人探しよりも、尖閣ビデオ全編の国民及び国際社会への公式公開を急ぐべきです。

立木 秀学

幸福実現党 党首 立木秀学
HP:http://tsuiki-shugaku.hr-party.jp/
08
2010
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/349-58684640

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。