スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

11/17 Happiness Letter344〔押し寄せる愛の大河〕

皆さま、おはようございます!
「沖縄決戦」に向けて、沖縄全土、そして全国各地から不惜身命のご支援を賜り、心より感謝申し上げます。

沖縄県民の方々、お一人お一人に沖縄の置かれている「真実」をお伝えすることで、金城タツロー候補の政策の重要性を知って頂くことができ、支持者が日々、拡大し続けています!

また、一定の割合で尖閣諸島や沖縄に対する国防の危機、中国の軍事的脅威を強く感じておられる方もおられ、勇気を持って沖縄防衛政策を掲げている金城タツロー候補への支持を賜っています!

しかし、全ての沖縄県民の皆さまに「真実」をお伝えし、沖縄世論を変えていくためには、マスコミが金城氏を報道しないこともあり、まだまだ圧倒的なアプローチ量が不足しています。

日本の未来を懸けた「決戦」に、今後とも多大なるご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

本日は木村智重副党首より、「押し寄せる愛の大河」と題し、メッセージをお届け致します。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
【木村智重副党首寄稿】

今、沖縄に来て、様々な有力者の方々と話をしております。

その中には普天間基地「県外移設」派の方々もいらっしゃるのですが、幸福実現党の主張に反対された後、一様におっしゃることが、
「しかし、おたくの金城タツロー候補が、県内移設、日米同盟強化を一貫して主張している勇気には頭が下がる。
今の沖縄の空気の中で、狭い『村社会』ともいえる沖縄で、それを言う勇気は相当なものだ」という言葉です。

今、まさに「国難来たれり」の状況の中で、金城タツロー候補は「沖縄を愛しているからこそ守りたいのです!」と力強く訴えています。

私達は「この国の命運」をかけて、「人類の未来」をかけて、戦っています。

「自分も沖縄に行って共に戦いたいが、仕事や家庭があって難しい」と残念に思っておられる支援者の皆様に、お願いしたいことがあります。

職場でも、家事の合間でも、道を歩いている時でも、いつでもどこでも構いません。

皆様の熱い思いを、沖縄に向けて頂きたいのです。

そして「金城タツローよ、頑張れ!」「戦う同志達に力を!」「沖縄を必ず守り抜きます!」など、皆様自身の言葉で結構ですので、心の中で祈って頂きたいのです。

日本全国から、そのような支援の思いを沖縄に集中させることが大きな力になります。

一人一人の愛の思いは小さいと感じられるかもしれません。

しかし、その善念が結集した時に、ちょうど20年前、90年11月23日に普天間基地のある宜野湾で大川隆法名誉総裁が説かれた『押し寄せる愛の大河』のように私達の愛は滔々と流れ、大きな仕事をしていくことになるでしょう。

必ず、沖縄を変える力になるはずです。

木村 智重
幸福実現党 木村智重(ともしげ)党首
17
2010
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/360-c7db6e96

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。