スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

1/14 Happiness Letter36 〔小沢氏逮捕、秒読みへ〕

皆さま、おはようございます!
民主党の小沢幹事長の資金管理団体による土地購入問題をめぐり、東京地検特捜部が、関係先を一斉に家宅捜索しました。
この件につきまして、黒川白雲政調会長より緊急寄稿頂きました。
☆゜・*:.。. .。.:*・゜
【黒川白雲政調会長寄稿】
東京地検特捜部は、政治資金規正法違反容疑で、小沢氏の資金管理団体「陸山会」事務所や小沢氏の個人事務所、小沢氏の元私設秘書だった民主党石川知裕事務所、大手ゼネコン「鹿島」本社など関係先を一斉家宅捜索しました。

「陸山会」が購入した土地をめぐり、石川議員が政治資金収支報告書に4億円を記載していなかった疑いが強まったためです。

はなから検察をバカにしている小沢氏は、検察の任意事情聴取の要請に、一向に応じる気配が無く、記者会見でも「計算上のミスなどはあったかもしれないが、意図的に法律に反するような行為はしていないと信じている」と潔白を強調しております。

「4億円もの計算ミス」とは噴飯ものの言い訳です。
小沢氏はかつて「政治資金に関してはすべてオープンにしている。収支を全部公開しているのは私だけではないか」と胸を張っておりましたが、その嘘八百ぶりに憤りを感じます。
何故、マスコミはこのような小沢氏の嘘に対し、もっと厳しく追及しないのでしょうか?

同じ穴の狢の鳩山首相が小沢氏を必死にかばう中、このまま「不逮捕特権」のある国会会期期間に入り、「外国人参政権付与法案」などの違憲売国法案が次々と成立するかと国民が憂慮していた最中、ついに検察が動きました。

特捜部は4億円の原資にゼネコンからの裏献金が含まれている疑いが強いとみており、家宅捜査に入ったのは、任意捜査では疑惑の全容解明は困難と判断したためです。

この事件は、小沢氏が主張するような政治資金規正法の形式犯ではなく、その奥に「マネーロンダリング」(資金浄化)、すなわち、政治資金収支報告書に記載されていない4億円(表にできない金=裏金)を土地購入時の操作を介して、「表の金」(小沢氏名義での金融機関からの4億円の借り入れ)に洗浄した疑いが出ています。

特に、小沢氏の地元・岩手県の西松建設の胆沢ダム建設工事は、鹿島建設・東北支店幹部が談合を仕切っていたとの情報もあり、今後、鹿島と小沢氏との関係が厳しく追及されます。

小沢氏は、昨日も民主党愛知県連の政治資金パーティーで挨拶し、「政治団体のことは昨年春に突然持ち上がった。それでも、国民のみなさんが理解してくれたから、総選挙で民主党に政権を与えてくれた」などと強弁しております。

小沢氏にとっては、「議席数こそが正義」なのです。これで小沢氏が逮捕されず、参院選でも民主党が過半数を取るようなことがあれば、小沢・鳩山金権腐敗政治が正当化され、日本は「腐敗列島」「金権列島」に成り下がります。

民主党の実態は「無血革命」などではなく、「田中金権政治のDNA」を100%正しく受け継いでいる“自民党くずれ”に過ぎません。それはトップ2人を見れば一目瞭然です。

幸福実現党は1月12日、参院選において、全国47都道府県に立候補者を擁立することを発表致しました。
このような腐敗に断ち、国を売り渡すような民主党政権を大掃除すべく、政治の浄化に全力を捧げて参ります。

黒川 白雲

幸福実現党 政調会長 黒川白雲

HP:http://kurokawa-hakuun.hr-party.jp/
14
2010
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/37-1ddb6503

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。