スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

1/11 Happiness Letter399〔なぜ、「いじめ防止条例・防止法」が必要なのか(1)〕

皆さま、おはようございます!
本日は、兵庫県第7区支部長の高木よしあき氏より、「なぜ、『いじめ防止条例・防止法』が必要なのか」と題し、3回に分けてメッセージをお届け致します。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
【高木よしあき氏寄稿】

私は一昨年より、兵庫県内で、法的整備を通じて、深刻化する「いじめ」という犯罪行為を止めるための方策を提案して参りました。

そうした中、昨年11月末、突然、神戸のローカルFM局の番組から出演のオファーを頂き、お昼の番組に出演致しました。

話した内容は、犯罪化する「いじめ」の実態と対応策についてです。今回は、この内容について、お伝えします。

いじめが起きているのは「学校」という外部から目が届かない場所です。

以前、いじめ経験者といじめ目撃者を対象に、「どこでいじめを経験あるいは目撃したか?」というアンケートをとったところ、(複数回答もありますが)99%が学校です。続いてインターネットの掲示板、塾・習い事の教室と続きます。

よって、外部からの目が届かない場所でいじめが止まらないならば、「ルール」が必要です。

そして、まずは「ルールをつくる目的は何なのか?」を確認しなければいけません。

それは、「いじめは悪いことだ」と教えることです。

これを教えないので、学校内でのいじめは止まりません。「氷山の一角」に過ぎないとい言われている文科省の発表数だけでも2006年で12万4898件のいじめが報告されています。

この「いじめは悪いことだと教えること」の効果を考えてみます。

70年代から80年代に、学校内が暴力で吹き荒れたアメリカ・カナダ。映画でも「暴力教室」等がヒットするほどの社会現象に陥っていました。

その後、「いじめ防止プログラム」の立法化によって、両国において、いじめ防止プログラムを実施した結果、20%~70%と幅はありますが、「いじめが減少した」という顕著な実績が報告されています。

この「反いじめ法」をアメリカ国内では、全州の72%にあたる36州が制定しています。制定のきっかけはコロンバイン、バークレーでの銃乱射事件でした。

この最悪の事件の犯人が「いじめ被害者」だったからです。この報告はNHKのBSドキュメンタリー「シリーズ世界はこうしていじめと闘う」と題して放映されました。(つづく)

高木 よしあき
幸福実現党 兵庫県本部第7区選挙区支部長 高木よしあき
HP:http://takagi-yoshiaki.net/
twitter:http://twitter.com/#!/takagiyoshiaki
11
2011
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/419-050eedb8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。