スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

1/23 Happiness Letter411〔英BBC放送の被爆者愚弄は許し難い〕

皆さま、おはようございます!
本日は、小島一郎幹事長代理より、「英BBC放送の被爆者愚弄は許し難い」と題し、メッセージをお届け致します。
☆゜・:.。. .。.:・゜
【小島一郎幹事長代理寄稿】

英BBCテレビのお笑いクイズ番組で、広島と長崎で被爆した「二重被爆者」の故山口彊さんを「世界一運が悪い男」などと笑いの種にしていたことが分かりました。

この番組は昨年12月に放映されたもので、山口さんが出張先の広島で被爆し、長崎に戻るとまた原爆が投下されたとアロハシャツを着た司会者が述べると、スタジオの芸能人や観客が爆笑したといいます。

スタジオからは何度も笑い声があがり、きのこ雲や山口氏の顔写真も掲げられました。

番組を見た在英邦人が日本大使館に連絡し、大使館がBBCと番組制作会社に抗議しました。

番組プロデューサーからは「この(原爆)問題に対する日本人の潜在的な敏感さを軽視したのは明らか。お気楽な番組で扱うには全くそぐわないと日本人が見なすのは想像に難くない」などと釈明する書簡を返しました。

この件に関し、山口さんの長女山崎年子さん(62)は21日、「世界中が核廃絶に向けて努力している中、父の体験を軽視するようなことは遺憾で許せない」と話しています。

山崎さんは「家族内で『運が悪かった』と笑いながら話したことはある。しかし、核保有国の英国でこのように取り上げるのは話が別。核削減への真摯さが足りない風潮から、こういう発言が出てくるのではないか」と憤りを見せています。

イギリスBBC放送という、大メディアで、被爆者を愚弄する番組が平然と放送される事実。恐ろしいことです。

BBCは猛省し、昨年死去した山口氏の遺族や、ほかの被爆者はじめ日本人に正式に謝罪すべきです。

原爆は10万人の民間人の命を奪った悲劇です。一瞬にして年齢、性別関係なく命を奪い、被爆後遺症の苦しみに突き落としました。

経験した方は口々に「地獄を見た」と、言います。

※衝撃の原爆体験!『シンジ~いま語られる・・・65年目の真実』参照
http://kojima-ichiro.net/1148.html

原爆の悲劇を忘れてはなりません。忘れさせてもなりません。

そのためには、敗戦による、自虐的、自己処罰的な考え方を超えなければなりません。

そして、日本は敗戦から立ち上がった経済大国として、被爆国として、世界平和に貢献する義務と責任があります。

小島 一郎

幸福実現党 幹事長代理 小島一郎

HP:http://kojima-ichiro.net/
twitter:http://twitter.com/kojimaichiro
23
2011
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/432-85f15dc2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。