スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

1/24 Happiness Letter412〔尖閣ビデオ流出事件~一色氏こそは英雄~〕

皆さま、おはようございます!
本日は、元八戸市議会議員、現幸福実現党部長の上条幸哉(うえじょうゆきや)氏より、「尖閣ビデオ流出事件~一色氏こそは英雄~」と題し、メッセージをお届け致します。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
【上条幸哉氏寄稿】

尖閣事件映像流出事件により、国家公務員法の守秘義務違反の疑いで書類送検されていた神戸海上保安部の一色正春(いっしき・まさはる)元海上保安官が、不起訴処分となることが決定しました。

私は昨年夏、石垣島や宮古島の漁師の皆様から直接お話を伺いました。

「尖閣諸島界隈では、中国の漁師達が日本の漁師が設置した漁網を切ったり、漁具を盗んだり、乱暴な運転で日本漁船の漁を妨害するなど、その横暴は目に余るものがある。しかしながら、誰も自分たちを守ってくれない」と。

一色氏は「ビデオを公開したのは、事件の真相を知って頂き、尖閣諸島の問題、日本の領海を脅かす外国船の問題など、どうすべきか考えてほしかったことが唯一の理由です」と述べられています。

同氏は停職12ヶ月の懲戒処分を受け、既に辞職されています。

義憤に駆られ、職を辞する覚悟で、国の安全に関わる極めて重要な情報を提供しようとしたのです。

自らの身を守ることより、危険を覚悟で、国民の利益を守るために、行動ができる公務員がいることを誇りに思います。

一色氏こそは英雄である!!

そして、一色氏を復権(復職)させるべきである!!

今一度、心ある国民が、声高に叫ばねばなりません。

ところで、衝突してきた中国漁船船長も、同時に不起訴処分となりました。

国防のビジョンなど皆無の民主党が、船長を処分保留のまま釈放し、中国では、なぜか英雄扱いされていたあの船長です。

国民の利益を守ろうとする英雄は切り捨て、中国にはしっぽを振る民主党政権。危険極まりない売国奴政権だと言わざるを得ません。

さて、幸福実現党は、まだ石垣島の海上保安庁職員が情報漏洩をしたと疑われていた当時(沖縄知事選告示日)、ついき秀学党首が石垣島にある第11管区海上保安庁を訪ね、日夜、身命を賭し職務に当たられている職員の方々に対し、心からの敬意と感謝の意を伝え、感謝状を届けました。

日夜、マスコミに追われ、緊張の糸が張り詰めていた海上保安庁職員の皆様に、党首と同行した私から、感謝状の趣旨を伝えたところ、皆様の顔がほころんだことが今でも忘れられません。

今、必要なのは「正しいことは正しい」と言える勇気。そして、そのような方々が国のリーダーとなる「毅然たる国家」です。

しかしながら、まずは「国益」を語れる「普通の国家」にならなければなりません。

中国が一番嫌がるのは、日本が、そのような当たり前のことを当たり前に言う「普通の国家」になることです。

一色氏の勇気を決して無駄にしてはなりません。

上条 幸哉
幸福実現党 上条ゆきや

上条ゆきやの日替わり定食:http://uejou.seesaa.net/
24
2011
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/433-97434e6f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。