スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

3/1 Happiness Letter448〔中国に狙われる地方都市(2)〕

皆さま、おはようございます!
本日は、新潟県本部第1区支部長の笠巻(かさまき)けんや氏から「中国に狙われる地方都市」と題し、2回目(最終回)のメッセージをお届け致します。
☆゜・*:.。. .。.:*・゜
【笠巻けんや氏寄稿】

名古屋市長選や地域新党などで「地域主権改革」「州・都構想」がブームとなっていますが、見逃してはならない大切な点があります。

それが、まさに今、最も大切な「外交・安全保障」についての考えです。

例えば、ある地方が「州」として独自の権限を持つことになった場合、中国・北朝鮮と独自の「条約」を結ぶことも可能になります。そして、州の判断で米軍基地を排除することも可能になります。

本来、こうした事は国家が判断すべきことです。

もし、地域ごとに外交政策を決めることになると、日本でありながら、異なる国家が実質上存在することになり、「国家解体」に繋がります。

私たち幸福実現党は、いち早く「地域主権」への動きに対して警鐘を鳴らしてきましたが、残念ながら、ここ新潟でもそうした動きが表面化してきました。

現在、新潟市が中国総領事館へ広大な市有地売却を計画している問題と合わせて、今回の「新潟州」構想についは、明らかに中国の影響を感じます。

中国総領事館への土地売却に続き、チャイナタウンを誘致し、チャイナマネーで新潟県を活性化したいという意図でしょうが、これは中国に支配される属領化への道です。

新潟県の泉田知事は「地方自治法を抜本改正し、国の関与の廃止を求める」とまで発言しています。まさに、日本からの独立運動です。

私たち幸福実現党は、行政の効率化を力強く推進していく一方で、このような「地域主権」の動きについては、外交・安全保障の危機や国家解体に繋がる点で極めて危険であることを強く訴えています。

今後、新潟でも、こうした動きを食い止めるためにも活発な活動を展開してまいります。ご指導ご支援よろしくお願い致します!

笠巻 けんや
幸福実現党 新潟県参議院選挙区代表 笠巻(かさまき)けんや

HP:http://kasamaki.com/
01
2011
Relation Entry

Comment

地域主権改革

 貴党が懸念しておられること、そのものには同意します。
 ただ、昨今言われている「新潟州」構想などは、本当に「外交・安全保障」に関する権限まで委譲しろと言っているのでしょうか?
 もし、そうであればそのことを否定すれば良いことであり、「地域主権」そのものを否定する必要なないと考えます。
 また、現在の沖縄県などを見ていると特に思うのですが、「地域主権」に関係なく「外交・安全保障の地域委譲」が実施されていると考えるのですが、いかがでしょうか?
 「地域主権」に関係なく、新潟県に限らず行われている国土の中国等への売却や国境近辺の土地の取扱については、早急に制限を加えるような法制化を行う必要があると考えます。
  • 2011⁄03⁄01(火)
  • 23:28
  • [edit]

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/471-3cde2023

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。