スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

3/9 Happiness Letter456〔セルフヘルプの精神〕

皆さま、おはようございます!
本日は、衆議院愛知県第6区補欠選挙に幸福実現党公認にて立候補予定の福原まゆみ氏より、「ゆとり教育からの脱却」と題し、2回に分けてメッセージをお届け致します。
☆゜・:.。. .。.:・゜
【福原まゆみ氏寄稿】

《ゆとり教育からの脱却(1)―セルフヘルプの精神》

皆さま、初めまして!愛知6区で立候補を予定している福原まゆみと申します。

私が今回、立候補を決意したのは「この国を守りたい」「子供たちの未来を守りたい」――ただその一心です。

私は二人の子供を育て、子供会の会長を経験し、また学習塾で仕事をする中で、子供たちの未来を深く憂い、明るいものになってほしいと強く願うようになりました。

政府の失政によって、子供たちの未来が左右され、国が衰退するようなことがあってはなりません。

教育政策の失敗の典型が「ゆとり教育」です。

文科省が「詰め込み教育」への批判を受け、1980年代から「ゆとり教育」がスタートし、2002年度に完全施行されました。

しかし、その後、「ゆとり教育」による学力低下は誰の目にも明らかになりました。

1998年5月号の『ザ・リバティ』(幸福の科学出版)が「ゆとり批判」の口火を切り、以降、「算数のできない大学生」の増加などが注目され、「学力低下」が世間でも大きな話題になりました。

今の日本にとって必要なものは「ゆとり教育からの脱却」です。そのためには制度変更のみならず、「セルフヘルプ(自助努力)の精神の復活」が大事だと思います。

イギリスのサッチャー元首相は、今日の日本のように「セルフヘルプの精神」の喪失を病原とする「イギリス病」を治療しました。

サッチャー元首相は「(増税と福祉やバラマキで)お金持ちを貧乏にしても、貧乏な人はお金持ちになりません!」「自助努力です。悔しかったらがんばりなさい!」と、「セルフヘルプの精神」の復活を粘り強く訴え、イギリスを見事に復活させました!

日本を豊かにするには「自助努力の復活」しかありません!

私は、日本に再び「セルフヘルプの精神」を取り戻すべく、「日本のサッチャー」を目指して頑張ります!!(つづく)

福原 まゆみ

幸福実現党 愛知6区立候補予定 福原真由美(ふくはらまゆみ)
HP:http://m-fukuhara.org/
09
2011
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/480-7ed244be

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。