スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

3/30 Happiness Letter480〔予備自衛官を活用すべし〕

皆さま、おはようございます。
本日は、千葉県第11選挙区支部長の久我司(くが・つかさ)氏より、「予備自衛官を活用すべし」と題し、メッセージをお届け致します。

久我氏は2007年、「この国を守りたい」という熱い念いに突き動かされ、会社を辞めて予備自衛官に公募。現在、陸上自衛隊予備二等陸曹、「予備自衛官制度を普及する会」会長を務め、国防強化に向けた熱い活動を展開しています。
☆゜・:.。. .。.:・゜
【久我つかさ氏寄稿】

皆様、こんにちわ。久我司です。私は予備自衛官を務めつつ、「国防一直線」の活動を続けております。

予備自衛官は普段、一般企業等に勤め、有事の際に招集される非常勤の自衛官のことです。今回、予備自衛官数十名が、東日本大震災の復旧支援活動を始めました。予備自衛官の災害派遣は制度創設以来初めてのことです。

私もいつでも行く準備は出来ておりますが、なかなか連絡がきません。

問い合わせをしたところ、現状では「東北方面隊及び中部方面隊の即応予備自衛官、技能(語学)予備自衛官のみが招集されている」とのことでした。

私が所属する東部方面隊(関東・甲信越地域)では、即応予備自衛官の招集もまだかかっておらず、今後もすぐに予備自衛官を招集することはないと思われます。

既に10万人以上の自衛官の方々が被災地に入って、命懸けの救援活動を展開されています。

しかし、自衛官の半数近い10万人以上の常備自衛官が震災対応をしていては、日本の防衛はおろそかになり、日常業務にも支障をきたすのではないでしょうか。

救援活動が長期に至った場合、いかに屈強な自衛官であっても疲労が蓄積します。先日、折木統合幕僚長は自衛隊員の疲労がピークに達していると述べていましたが、今こそ交代要員が必要であり、そのための予備自衛官制度であるはずです。

日本中で、今にも被災者の下に駆けつけたい予備自衛官達が招集を待っています。

「一人でも多くの方の苦しみをやわらげたい」「一人でも多くの方のお役に立ちたい」――そう考えている予備自衛官が、日本全国にたくさんいます。

制度も装備も整っておらず、部隊編成も決まっていない予備自衛官です。困難なことは分かりますが、一日も早く体制を整え、被災者救援のためにも予備自衛官の派遣を決定頂きたいと考えます。

そして、現状が落ち着いたら、すぐにでも災害対策の見直し、予備自衛官活用のための制度再構築に取りかかるべきです。

予備自衛官制度の普及と予備自衛官制度の再構築は私の使命です。そのために「予備自衛官制度を普及する会」を立ち上げてもいます。

現在はまだ力不足ではありますが、私の目的はただ一つ

――この国を守りたい。

久我 つかさ
千葉県第11選挙区支部長 久我司(くがつかさ)
http://ameblo.jp/kuga-tsukasa/
30
2011
Relation Entry

Comment

命の堤防

 堤防の強化について大賛成です。
 是非、全国の堤防等災害対策の見直しをしていただき、強固なものにしていただきたいものです。
 ただ、今回の災害被害の別の側面として、災害強化の過信もあると考えております。
 津波対策用の堤防があるから大丈夫。
 高台に家を建てたから大丈夫。
 完璧な対策を講じた原発だから大丈夫。等々。
 これらの過信が被害の拡大につながっている一面もあります。
 対策に完璧はありません。
 ハード面だけでなく、ソフト面の重要性も忘れないでいただきたいものです。
  • 2011⁄03⁄31(木)
  • 22:50

予備自衛官制度

 今回、制度創設以来初めての派遣と聞き、管政権としては良くやった方だとニュースを見ていましたが、少数の方のみと知り、残念に思っております。
 以前、予備自衛官の部下を持ったこともあり、企業側の負担の重さも分かっているつもりですが、せっかくの制度ですから有効に活用していただきたいと考えます。
 管政権は、自衛隊が防衛のために存在している、ことをおそらくご存知ないのだと思います。
  • 2011⁄03⁄31(木)
  • 23:08

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/505-3ce86e49

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。