スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

1/27 Happiness Letter49〔幸福維新の志士として〕

皆さま、おはようございます!
本日は、石川県本部参議院選挙区代表のみやもとさとし氏のメッセージをお届け致します。
みやもと氏は、金沢大学大学院修士課程修了後、同大学や金沢女子大学での非常勤講師勤務等を経て、幸福の科学で支部長等の宗教指導者として活躍。
昨夏は石川2区で総選挙を戦い、選挙戦終了後も連綿と辻立ちを続け、国防問題においても、様々な具体的アクションを起こされている熱血漢です!
☆゜・*:.。. .。.:*・゜
【みやもとさとし氏寄稿】
「国家があなた方のために何をしてくれるかを問うなかれ。あなた方が国家のために何ができるかを問いたまえ」
米国民主党のJ.F.ケネディ大統領は、アメリカ国民に国家への貢献を求め、結果、アメリカは「自由の大国」として繁栄して来ました。

一方、「国民の生活が第一」と言って政権を取った日本の民主党は、その逆に、バラマキ政策を推し進め、国民を統制し、「不自由」な方向へと導こうとしています。

国家にいろいろと面倒を見てもらえる社会は、一見、良い社会のように見えます。
しかし、バラマキ政策が行き過ぎると、国民の「自助努力」の精神が失われます。
誰もが「国に面倒を見てもらえばいい」と、そんな考え方ばかりになったら、この国は立ち行かなくなります。
まさに「地獄への道は友愛で舗装されている」のです。

そして、国家が決めた方向や範囲でしか活動できなくなり、国民は塗炭の苦しみを味わうことになります。
その究極の姿が「北朝鮮」のような共産主義国家です。

今、民主党の「国家社会主義的政策」によって、この国の「自由」が極めて危ういものになっていることを広く伝えていかねばなりません。

私たち幸福実現党は、この国の「自由」を守り、「全体主義の危機」から国民を守ります。

「幸福維新」は「自由」の創設のための戦いでもあります。

今、国民が立ち上がり、「政治参加の自由」を確保しなければ、大変危険です。
小沢氏の一存で「永住外国人地方参政権付与法案」のような売国法律も簡単に制定できてしまう危険な状態です。
この「亡国のシナリオ」を何としても食い止めねばなりません。

今、必要なものは、「政治参加の自由」を確保するための具体的行動、アクションです!
一人でも多くの方々に、幸福実現党の活動に参加して頂きたいと思います!

ささやかな行為にも愛を込めて、チラシをまくその指先にも相手の幸福を祈る気持ちを込めて、「自由のための戦い」を推し進めて参ります!

「幸福維新の志士」として、共に天命を果たして参りましょう!

みやもとさとし

幸福実現党 石川県本部代表 みやもとさとし

みやもとさとしHP:http://miyamoto-satoshi.com/
27
2010
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/51-b0fad4fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。