スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

4/5 Happiness Letter486〔尊い戦い〕

皆さま、おはようございます。
本日は岐阜3区支部長の河田(かわだ)せいじ氏より「原発の未来」をテーマに4回に渡ってお届け致します。本日は、「尊い戦い」と題し、1回目のメッセージをお届け致します。
☆゜・:.。. .。.:・゜
【河田せいじ氏寄稿】

福島第一原子力発電所の深刻な被害には、本当に心が痛みました。

放射性物質が漏れる中、国民を守るべく、自らの命と引き替えの懸命の復旧作業に当たってくださった方々、また現に活動しておられる関係者の皆様、自衛隊、米軍、警察、消防団の皆様に心より感謝とエールを捧げたいと思います。

マスコミは自衛隊等の活動を十分には報道していませんが、未だ厳しい状況の中で多くの方が、戦ってくださっています。

本当にありがとうございます。

私もかつて自衛隊のパイロットとして新潟で勤務していたころ、新潟の原発事故を想定した県主催の訓練が毎年行われていました。

その中には、捜索機で原発周辺を飛行し、放射能のレベルを調べる空中モニタリングの訓練も含まれていましたが、原発の上空に進出する捜索機の搭乗員に割り当てられている防護服は、あまりに簡素なものであったと記憶しています。

もし本当に原発事故があったとき、私は「果たして被曝の恐怖を超えて、冷静に操縦できるだろうか?」としばし考え込んだのを覚えています。

その恐怖が現実のものとなった今、空や地上で実際のミッションにあたる隊員各位はどのような心境でおられることかと、考えてしまいます。

どうか、ご無事で!そして一刻も早く、原発の危機が収まりますように。

↓福島第1原発への放水作業(自衛隊中央特殊武器防護隊提供)


「尊い戦い」を続けておられるすべての方に、心からの応援をお届けしたいと思います。

そして、今回は原発の怖さがクローズアップされたり、情報開示の遅さや対応のまずさを責める報道が多いですが、どうか、もう一つの視点も伝えてまいりたいと思います。

それは、原発事故をはじめ、災害派遣に立ち向かう関係諸氏の命懸けの活動への感謝と応援の祈りを、日本国民一体となって手向けたいということです。

かつてアポロ13号がほとんど生還不可能な事故に遭遇しながら、地上からの懸命なバックアップと全世界の人々の祈りによって“奇跡"とも言える生還を成し遂げたように。(つづく)

河田 せいじ
幸福実現党 岐阜3区支部長 河田(かわだ)せいじ
HP:http://kawadaseiji.blog45.fc2.com/
05
2011
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/511-2d85314d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。