スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

4/22 Happiness Letter503〔自衛隊の極限の活動〕

皆さま、おはようございます!
本日4月22日(金)21:00~、幸福実現党公式ライブ放送であるUstream番組《幸福実現TV》がオンエアーされます!

5月3日の憲法記念日も近づきつつありますが、本日のテーマは【元自衛官が語る「憲法9条では守れない!」】です!

航空自衛隊パイロットとして活躍した河田せいじ氏より、思わず「えーっ!」と声を張り上げてしまう、自衛隊の手足を縛る「憲法9条の問題点」を本音でお伝え致します!

「憲法9条が国を滅ぼす!」――小島一郎幹事長代理とのリアルタイムの対話を通じ、余すところなく、日本の国防、そして憲法9条の問題点をえぐり出します!

放送時間帯(本日21時~)に下記URLにアクセスするか、幸福実現党公式ホームページトップ画面にてお楽しみください!!
→http://bit.ly/usthrp
☆゜・:.。. .。.:・゜
本日は岐阜3区支部長の河田(かわだ)せいじ氏より「本当の危機に備えよ」と題し、3回に分けてお届け致します。本日は「自衛隊の極限の活動」と題し、1回目のメッセージをお届け致します。
☆゜・:.。. .。.:・゜
【河田せいじ氏寄稿】

今回、震災に派遣された自衛隊員は10万6千人です。航空機500機、艦船50隻を投入し、1万9千人以上の被災者を救助しています。

この度の大震災で、自衛隊を「暴力装置」と呼んだ菅政権は、図らずも自衛隊の有り難みを骨身に浸みて実感したはずです。

しかし、今回の自衛隊の救援活動を通じて、二つの大きな課題が出ています。

第一の課題は、自衛隊の「継戦能力」です。

自衛隊は交代要員も不十分なまま、救援活動が長期化しており、交代で仮眠をとりながら、極限状態の中で任務に就いています。

避難住民に温かい食事や入浴を提供している隊員達は、自分達の食事は乾パンと缶詰で我慢し、シャワーも満足に使えない日々が続いています。

遺体の捜索、収容、埋葬や福島第一原発での放水作業、放射能除染作業等、肉体的にも精神的にも極めて負担が重い活動が続いています。

自衛隊の折木良一統合幕僚長は「隊員(の疲れ)は極限に近い」と会見で語っていましたが、隊員の心身の疲労はピークに達しています。(つづく)

河田 せいじ
幸福実現党 岐阜3区支部長 河田(かわだ)せいじ
HP:http://kawadaseiji.blog45.fc2.com/
22
2011
Relation Entry

Comment

自衛隊活動の制限

 自民党政権時代から、ご指摘のような自衛隊の方々の活動制限がありましたが、これは何も憲法9条のしばりではないと思います。
 憲法9条を変えたり、憲法の前文を前面に出したりすることは、確かに重要だとは思いますが、このような活動制限は、憲法9条の「解釈」に問題があると考えます。
マスコミを中心とした国民の左翼化に恐れた自民党政権がご指摘のような解釈をしていただけであり、何ら憲法9条の問題ではなく、「その時の政権」の問題だと考えます。
  • 2011⁄04⁄22(金)
  • 21:47

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/528-a02d0a33

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。