スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

4/23 Happiness Letter504〔自衛隊の継戦能力を高めよ!〕

皆さま、おはようございます。
昨晩は、多くの皆さまにUstream番組《幸福実現TV》【元自衛官が語る『憲法9条では守れない!』】(小島一郎幹事長代理、ゲスト:元自衛隊パイロット 河田せいじ氏)をご覧頂き、心より感謝申し上げます。

今回放送分も含め、《幸福実現TV》の過去の収録映像は下記URLからご覧いただけます!
→http://bit.ly/usthrp
☆゜・:.。. .。.:・゜
本日は岐阜3区支部長の河田(かわだ)せいじ氏より、「自衛隊の継戦能力を高めよ!」と題し、2回目のメッセージをお届け致します。
☆゜・:.。. .。.:・゜
【河田せいじ氏寄稿】

自衛隊は現在も海陸両面から懸命の捜索活動を展開しています。

日が経つにつれ、生存の可能性は低くはなりますが、一縷の望みをつなぐ家族のためにも捜索活動の努力を続けることが、後々の家族の心のケアにつながるため、全力での捜索活動が続けられています。

組織的な機動力と人員を持つ自衛隊は、今後の復興局面においても大いに活躍を期待されており、現在の10万人態勢は最長で半年程度維持される見込みです。

そうした中、自衛隊について二つの大きな課題が出ています。

第一の課題は自衛隊の「継戦能力」についてです。

残念ながら先日16日、災害派遣中だった40代の自衛隊員が宿営地で倒れ、殉職されました。今回、災害派遣された自衛隊員の殉職は2人目となります。

有事の際もそうですが、作戦遂行時には継戦能力が大変重要です。活動は長期化する見込みですが、政府は自衛隊を酷使し過ぎてはいけません。

先の大戦の参謀本部と同じく、政府は「兵站軽視」の傾向が見られます。これは戦争であれば大きな戦力低下に繋がります。

また、あまりに自衛隊を疲弊させたら、本来の任務である国防が完全に手薄になります。これは国難を呼び込みます。

菅政権は交代要員や兵站の確保・充実等、救援活動の長期化をにらんだ自衛隊の運用を行うべきです。

河田 せいじ
幸福実現党 岐阜3区支部長 河田(かわだ)せいじ
HP:http://kawadaseiji.blog45.fc2.com/
23
2011
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/529-a140f027

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。