スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

4/25 Happiness Letter506〔衆院補選、地方選の結果を受けて 〕

皆さま、おはようございます。
この度は、衆院愛知6区補選、及び統一地方選挙におきまして、幸福実現党の候補に力強いご支援ご指導賜りましたことを心より感謝申し上げます。

5人が立候補しました衆院愛知6区補選におきましては、福原真由美候補は7,932票(得票率4.7%)を賜りましたが、残念ながら当選には至りませんでした。

昨日の選挙結果を受けまして、幸福実現党党首・ついき秀学より、「幸福実現党衆院愛知6区補選、及び統一地方選挙の結果を受けて」と題し、皆さまにご報告、並びに、ご支援への感謝を申し上げます。
☆゜・:.。. .。.:・゜
【幸福実現党衆院愛知6区補選、及び統一地方選挙の結果を受けて】

この度の衆議院愛知6区補欠選挙におきましては、残念ながら、わが党公認候補の福原まゆみが議席を得るには至りませんでした。

ともに選挙戦を戦ってくださいました党員の皆様、福原まゆみをご支持くださいました有権者の皆様に、心よりお詫び申し上げますとともに、これまでのご支援に深く感謝、御礼申し上げます。

この度の補選は、国政選挙にもかかわらず、政権与党の民主党が公認候補を擁立しないという極めて異例の選挙戦となりました。

候補者を立てなかった沖縄県知事選に続き、またしても民主党の無責任体質、“逃げ"の姿勢が露わとなり、この一事をとっても、「民主党に政権担当能力なし」と断ぜざるを得ません。

民主党候補が不在の選挙戦について、地元メディアの偏向報道によって、「自民か、減税日本か」の対立軸ばかりが喧伝される中、福原まゆみは、一貫して、“自分の国は自分で守る"、“成長なくして増税なし"と訴えてまいりました。

東日本大震災を奇貨として増税を目論む政府・与党に対しても、「復興増税は国力低下を招く。必要なのは大胆な金融緩和であり、財政出動である」との正論を展開致しました。

日を追うごとに支援の輪が拡がり、数多くのご支持をいただきましたことに、重ねて感謝申し上げる次第です。

当選は果たせませんでしたが、福原まゆみの訴えは、有権者の皆様に確実に届いたものと確信致しております。

また、統一地方選挙では、誠に残念ながら、わが党は公認候補の当選には及びませんでした。

ご支持いただきました皆様に厚く御礼申し上げます。

わが党は今後、さらに地域に根ざした「幸福の具体化」に向け、努力してまいります。

今回の統一地方選挙の結果は、民主党の圧倒的な敗北、及び地域政党の躍進が目立ち、有権者の「既成政党離れ」の傾向は明らかです。

国民は、「本物の政治」を求めています。

私たち幸福実現党は、国民の民意をしっかりと受け止め、民主党政権によってもたらされた「国難」を突破し、真の責任政党として、「日本再建」を力強く実現すべく、今後とも戦ってまいります。

幸福実現党党首 ついき 秀学
25
2011
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/531-504e1a68

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。