スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

2/3 Happiness Letter56〔交通革命でGDP3倍増―『松下幸之助 日本を叱る』〕

皆さま、おはようございます!
本日2月3日、全国の書店にて『松下幸之助 日本を叱る』(大川隆法著、幸福の科学出版)が発刊されます。
本日は本書について黒川白雲政調会長よりメッセージをお届け致します。
☆゜・*:.。. .。.:*・゜
【黒川白雲政調会長寄稿】
本書は、戦後の荒廃から日本を立ち直らせた「経営の神様」松下幸之助氏が天上界より「霊言」(霊人からのメッセージ)により、
日本再生の秘策を語り下ろされた政治・経済・経営に関する「未来への秘策」の書です。

『松下幸之助 日本を叱る』(大川隆法著、幸福の科学出版)

本書第2章には「交通革命は経済規模を何倍にも引き上げる」という一節があり、今後の日本経済の復活・高度成長に向けての提言がなされています。
本節より松下幸之助先生の言葉を一部抜粋致します。

------
「日本の戦後の発展の理由は幾つかあると思うけどな、それはみんな頑張ったと思うけど、やはり新幹線は大きいでえ。
新幹線が敷けて、東京―大阪が三時間で結べたっちゅうのは大きかったと思うなあ」

「交通革命は大事ですよ。これは、もう、経済規模を何倍にも引き上げる。だから、新幹線の時代からリニアの時代に入ったら、経済規模は三倍になる」

「時間を生むもの、時間を短くするものと、内容のレベルを上げるものには、将来性があって、GDPを必ず大きくする。そして、国の収入を増やす」
------

「経営の神様」松下幸之助先生のご指導は平成の世にあっても明哲です。

経営とは一言で言えば、「人、物、金、情報」をいかに活用するかです。
その内、「金」「情報」の流通は「IT革命」で瞬時に可能となりましたが、
「人」「物」の流通がそれに比べて大きく遅れていることが経済成長のボトルネックなのです。

「人」「物」を流通させる「交通手段」は、まだまだ無限の発展の余地があります。

かつて夜行列車で東京―大阪間が結ばれていましたが、新幹線が敷設されたことにより、高度経済成長が実現したことは紛れもない事実です。

幸福実現党が推し進める「交通革命」により、「時間」という経営資源を無限に生み出すことができます。
その結果、経済のスピードを飛躍的に高めることが可能です。

日本の最先端技術によって、リニアや航空・宇宙分野を、日本の中核的な基幹産業、輸出産業となすことは可能です。

また、宇宙・地下・海中の移動手段は、人類にとっての「フロンティア」であり、無限の成長可能性を有した「ブルー・オーシャン」です。

私たち幸福実現党は、リニアの日本全国への敷設を推し進め、日本全国を「一つの都市」として参ります。
そして、日本が世界をリードする「基幹産業」の一つとして、リニア等の未来型交通技術を国家プロジェクトとして研究開発、展開して参ります。

今後、参院選に向けて発表される幸福実現党の「未来ビジョン」構想に是非、ご期待ください!!

黒川 白雲

幸福実現党 政調会長 黒川白雲

HP:http://kurokawa-hakuun.hr-party.jp/
03
2010
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/59-ff25b96d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。