スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

11/1 Happiness Letter700〔増税はNOだ!野田政権・財務省の不都合な真実。〕

皆さま、おはようございます!
本日を持ちまして、本メルマガ『Happiness Letter』が700号を迎えることができました!日々、ご愛読賜っております皆様方お一人お一人に心より感謝申し上げます。
本日は、小島幹事長代理より、「増税はNOだ!野田政権・財務省の不都合な真実。」と題し、3回に分けてメッセージをお届け致します。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
【小島幹事長代理寄稿】

野田首相は10月28日の所信表明演説で「今日生まれた子ども一人の背中には、既に700万円を超える借金があります」と言って、財政再建のためにも、子供にツケを回さないためにも、震災復興の財源は増税で行うと正当化しました。

そして、野田政権は10月28日に「財源確保法案」を国会に提出。復興増税として所得税額の4%引き上げ(10年間)や法人税引き下げの一部凍結、たばこ税の引き上げ等、11兆円規模の復興増税が盛り込まれ、11月中旬にも成立させようとしています。

幸福実現党は、復興増税の大増税に断固反対しています。

そのラストチャンスとして、11月5日(土)13時から日比谷野外大音楽にて、超党派で「増税が国を滅ぼす!国民集会」とデモ行進を行い、幸福実現党も協賛参加させて頂きます。ぜひ、大結集して参りましょう!
増税が国を滅ぼす!国民集会&デモ

世論調査で「復興増税」について世論調査を行うと、「反対」が「賛成」を上回るようになりました。(10/16朝日新聞調査:復興増税案に賛成40%、反対49%、10/3毎日新聞調査:復興増税案に賛成39%、反対58%)

野田政権発足直後には「復興増税は仕方がない」と受け入れていたのが60%(9/5産経新聞調査)だった所から逆転して来た事実を考えると、国民の感情としては、本当は増税などはしたくないという“本音"が見え隠れしています。

では何故、消極的ではあっても増税を受け入れようとするのでしょうか?

それは、「たとえ自分たちは貧しくて苦しくても、子供たちの時代にツケ(借金)を回したくない。子供たちには豊かに幸せに暮らしてほしい」という、親心からではないでしょうか?それが、親としての責任であると。

私にも小さな子供が3人おりますので、お気持ちはよくわかります。

ただし、その親心は、「野田首相や財務省が発信している内容」が正しいということが前提になっています。それが実はウソ八百だとしたら、話は全く変わってしまいます。

明日以降、野田首相が詐称する「4つの増税・財政のウソ」について、述べてまいります。

小島 一郎

幸福実現党 幹事長代理 小島一郎

HP:http://kojima-ichiro.net/
twitter:http://twitter.com/kojimaichiro
01
2011
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/735-1815017b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。