スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

2/19 Happiness Letter72〔今、なぜ幸福実現党か?〕

皆さま、おはようございます!
本日は、鳥取県本部参議院選挙区代表のほそかわ幸宏(ゆきひろ)氏からのメッセージです。
ほそかわ氏は、生まれも育ちも地元鳥取で、鳥取医科大学医学科卒業後、幸福の科学に入局、医師免許も取得しています。
☆゜・*:.。. .。.:*・゜
【ほそかわ幸宏氏寄稿】

今、なぜ幸福実現党か?

それは、「真なる保守政党」が他に無いからです。
見渡す限り、この日本は左翼思想、社会主義に、どっぷりと浸かろうとしています。

これまで、長らく政権を担って来た自民党は「保守の精神」を忘れ、「政権維持こそ、最大の戦略」という誤った価値観で「利権誘導型政治」に堕していきました。

「保守」とは「自由」を守り、国民を守り、国を発展させ、国の責任を取る精神です。
それが「自らの政権を“保守”すること」に摩り替わり、国民が離れていったのです。

そこに小沢氏がつけ込んで、国民の目の前においしそうな毒入りニンジンをぶら下げ、善良そうなお公家さんの仮面をかぶった党首を前面に押し立て、国民の目を眩ませて政権を取りました。

その結果、日本は国難の真っ只中に落ち込み、脱出不可能になろうとしています。

これこそが、幸福実現党が「維新」を起こそうとしている最大の理由です。

幸福実現党が戦っている敵は、真綿のような優しさで人間を縛り付ける「友愛」という名の「社会主義」です。

これは戦後、占領軍によって、宗教や道徳、精神的なるものが全て骨抜きにされて来た成れの果てです。

そして、日教組やマスコミは「自虐史観」を抱きしめ、たとえ自国の国益に反することでも、常に譲歩して他国の言いなりになることが「平和国家」だと国民に刷り込み、もはや「主権国家」「独立国家」とは言えない状況に至っています。

こうした戦後の呪縛から逃れ、自由を守り、国を守る「サムライ精神」「毅然たる態度」、精神性を尊ぶ素晴らしい日本を取り戻すには、利己心を排し、何も恐れず、命懸けで理想を実現する志士達が必要です。

私たちは、今こそ「国家の気概」を取り戻し、自由を守り、国を守る先駆けとなって参ります。

ほそかわ 幸宏
幸福実現党 鳥取県本部参議院選挙区代表 ほそかわ幸宏

HP:http://www.hosokawa-yukihiro.hr-party.com/
19
2010
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/76-c493330c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。