スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

12/18 Happiness Letter9 〔鳩山政権の経済失政〕

皆さま、おはようございます!
本日は、鳩山政権の経済失政について、黒川白雲政調会長に聞きました。
☆゜・*:.。. .。.:*・゜
【黒川白雲政調会長寄稿】
鳩山政権発足後、補正予算の執行停止、143のダム建設の見直し、高速道路4車線化や東京外郭環状道路(外環道)整備事業等の執行停止、新幹線の新規着工見送りなど、次々と公共投資が削減され、年末に向けて、建設業を中心とする倒産、失業の増大が危険視されています。

また、「事業仕分け」による容赦のない公共事業の削減により、「事業仕分け」が進められれば進められるほど、株価が下落しました。

金融機関に対する「モラトリアム法案」や「郵政国有化」も、経済界や株式市場に対して、不信感、不安感を与えています。

新政権発足後の10月初め以降、日経平均株価が下落し、約2カ月ぶりに1万円を割りました。その後も下落を続け、
11月27日にはバブル崩壊後3度目の10日連続下落を記録しました。

民主党は「マクロの経済成長戦略が無い」と各方面から厳しい批判を受けています。
鳩山政権は、経済が衰退していけば、税収が減るため、増税が迫られると共に、公共事業だけでなく、福祉予算も削られることが分かっていないのです。

来年からは、扶養控除の廃止、環境税の創設、たばこ税や酒税の値上げ検討など、民主党政権は次々と増税政策を進めており、家計負担は一気に増えて参ります。
民主党は税収増のためには、増税しかないと思っていますが、そうではありません。
経済成長こそが最大の税収増となることは、過去の統計からも明らかになっています。

「未来をつくる」幸福実現党の経済政策は「成長戦略」をメインにおいています。
未来産業への投資(交通革命、エネルギー革命…)、減税、規制緩和、民営化等によって、「自由で活力に満ちた経済」を実現して参ります!

黒川 白雲

幸福実現党 政調会長 黒川白雲

HP:http://kurokawa-hakuun.hr-party.jp/
18
2009
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/9-498d3d79

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。