スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

3/7 Happiness Letter88〔蔓延するいじめ問題〕

皆さま、おはようございます!
本日は、皇太子家の長女愛子さま(学習院初等科2年)が「乱暴な振る舞い」を受け、登校できない状態になっていることについて、全国の「いじめ問題」の解決に取り組んでいるやない筆勝総務会長(東京都本部参議院選挙区代表)よりメッセージをお届け致します。
☆゜・:.。. .。.:・゜
【やない筆勝総務会長寄稿】
宮内庁の野村東宮大夫は記者会見で、愛子さまが1日からほとんど登校できない状態になっていることを明らかにし、「今週に入ってから、ご通学に際して、腹痛などのご体調の不調とともに、強い不安感を表明されることがある」「同じ学年の別の組に、乱暴なことをする児童たちがおり、宮さまを含め、ほかの児童に乱暴をしていることが原因」と発表しました。

本件については、まだ明確な事実関係が表に出ていないため、現段階ではまだ確定的なことは断言できませんが、私がNPO「いじめから子供を守ろうネットワーク」で長年、いじめ相談をして来た経験からすると、これは継続的にいじめを受けている被害者の症状と全く同じ症状であり、今回の愛子さまの不登校は「いじめが原因」であると推測されます。

一方、学習院側は「愛子内親王さまに直接の暴力行為、もしくはいじめというものがあったということは聞いていない」としたものの、同学年の別のクラスで学級崩壊が起きていることは認めました。

これも私の経験からすると、いじめ事件に際して学校側が「いじめの隠蔽」を行っているケースと酷似しています。
もし、今回のいじめの発生が事実だとすれば、公立学校の「いじめ隠蔽」「事なかれ主義」が皇室とゆかりの深い学習院にまで浸透していることになります。

これは、学校側が十分にケアしているはずの愛子さまでさえもが、いじめに合うぐらい、日本の学校にいじめが広く蔓延していることの表れでもあります。

3月3日には、東京都で中学2年の女子生徒が飛び降り自殺したことが発表されました。
その生徒の自宅からは「学校なんか行きたくない。皆が敵に見える」といじめを苦にした文書が見つかっています。

翌4日には、鹿児島県の中学2年の男子生徒が首つり自殺したことが発表されています。
同校の生徒からは「金をせびられていた」「靴をぬらされていた」といったいじめを思わせる証言が寄せられています。

「北教組違法献金問題」で明らかになったように、全国各地でいじめ問題が続出する公立学校において、日教組の教員達は「教育」を放り出して、勤務時間中に「民主党の選挙活動」に汗を流している実態が明らかになりました。
日教組と民主党が一体となって学校教育を蝕んでいる中で、子供達のいじめは深く、陰湿な形で広がっています。

いじめ防止のためには、日教組教育の排斥と共に、いじめを隠蔽したり、加担する教師を厳しく処罰する「いじめ防止法」の法制化が不可欠です。

幸福実現党は、道徳や倫理観を否定する日教組教育を改めると共に、「いじめ防止法」の制定等、抜本的な教育改革に取り組んで参ります。

やない 筆勝

幸福実現党 やない筆勝(ひっしょう)総務会長

HP:http://yanai-h.hr-party.jp/news/
07
2010
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/92-0d9790f0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。