スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

12/3 Happiness Letter899 〔日本危うし!だから幸福実現党〕

皆さま、おはようございます!
第46回衆院選は明日12月4日(火)に公示され、12月16日(日)に投開票を迎えます。

幸福実現党はこの度の衆議院選挙において、全国11ブロックの比例代表選挙に42人 、小選挙区選挙に20人の候補者を擁立します。

幸福実現党は約3年半前に立党し、先の衆議院選挙を「国難選挙」と名付け、戦って参りました。

どこの政党も政治家も触れたがらなかった国防への危機感と消費税増税の間違いを訴えて立党した先見の明を持ったのが幸福実現党です。

幸福実現党は今回の総選挙を「救国選挙」と名付け、日本の国難を克服すると共に、「高度経済成長」「教育再生」「国防強化」によって「希望溢れる国家」を築いて参ります。

◆消費税増税廃止

まず「高度経済成長」を目指すために、幸福実現党は消費増税を廃止します。

今、このデフレ不況の中で、絶対に増税してはなりません。

実際、政府は今年9月、消費税率が10%に引き上げられた場合の家計負担の試算をまとめています。(9/28朝日「消費税10%で家計負担は…」)

消費税が10%になれば年収500万円の世帯では消費税負担が年間11万5千円増加します。社会保険料の引き上げ等も含めれば、年間33万8千円の負担増が家計に重くのしかかります。

そうなると、誰もが買い物を控えるようになり、消費不況が起こり、ますます景気が悪くなります。

だからこそ、幸福実現党は消費税増税法の廃止を公約に掲げているのです。

「法案が通ったから消費税増税はもう止められない」とあきらめてらっしゃる方も多いのですが、国民の声を結集すれば、消費税増税を止めることは可能なのです。

◆高度経済成長の実現

でも、消費税増税しないと社会保障が出せなくなったり、財政が破綻するのではないかと心配される方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、税収を増やすためには、景気回復を行うことが最優先です。実際、これまでも消費税を増税しても、増税で不況が悪化したため、税収が減り続けて来ました。

だからこそ、高度経済成長を実現し、税収を増やしていくことが大事なのです。

高度経済成長を実現するためには、法人税の半減によって企業を元気にすると共に、徹底的な金融緩和でお金の流れを良くすることが大切です。

また、自動車・電機産業に次ぐ日本の基幹産業として、航空・宇宙・防衛・ロボット産業などの「未来産業」を立ち上げます。

更には、幸福実現党は交通革命を積極的に進めて参ります。その中核がリニア新幹線の全国敷設です。

現在、リニア新幹線の計画は大阪止まりですが、幸福実現党はリニア新幹線を全国に延ばし、短時間で全国を結びます。

◆原発再稼働推進

今、既存の政党や第三極も含め、多くの政党が「脱原発」「卒原発」「原発ゼロ」を公約に掲げています。しかし、それらの政党は極めて無責任であると言わざるを得ません。

安くて安定的な電力は生活や産業の基礎であり、電力をしっかり守るには原発が欠かせません。

北海道で起こった大規模停電で多くの方々が寒くて暗い夜を過ごされている姿を見るにつけ、電力が生命や生活を守っていることに気付かされます。

原発ゼロになると、電気代は最大2倍になり、経済成長は必ず鈍り、GDPは最大45兆円も減少します。そうなれば、日本の産業規模が約1割減少して、失業者が大量に出てくることになります。

「原発ゼロ」は極めて愚かな選択です。幸福実現党は安全性の確認が取れた原発の再稼働を積極的に進めて参ります。

◆安心して任せられる公立学校に

幸福実現党は安心して任せられる公立学校を目指しています。

例えば、現在、私たちの子供が通う学校の学力水準は親には分かりません。だからこそ、学力テストの結果を公表し、学校と学校との競争原理を働かせるべきです。

また、教師のいじめ加担・隠蔽を許さない「いじめ防止法」の制定を行い、子どもたちが安心して通える学校を取り戻します。

そして、私たちの先祖が悪いことをしたと教え、子どもたちの心を傷つける「自虐史観教育」はもう終わりにしましょう。

幸福実現党は、自分の国に誇りと自信を持てる素晴らしい歴史教育を進めて参ります。

◆国防強化

今、尖閣諸島周辺海域には、中国の監視船が連日やってきて、立ち去ろうとしない状況が続いています。

中国は反日デモにおける市民の破壊活動を放置するなど、日本に対して強硬姿勢を強めていますが、そういう国が、何十年も前から核を持ち、核ミサイルの性能を高度化して来ました。

対日強硬派の習近平氏が中国のトップに立つことで「核兵器を使うぞ」とわが国を恫喝してくる危険が迫っていることを、私たちは憂慮しています。

核を抑止するためには、核を保有する以外に方法はありません。

日本は即刻、「非核三原則」を見直し、国家として独自に核を持つべきです。そうしなければ、この国を守り抜くことはできません。

幸福実現党は日米同盟を基軸として、「自分の国は自分で守る」という「自主防衛」の気概を持って国防強化を図ってまいります。

◆日本を守るのは幸福実現党しかない!

自民党は、三党合意で消費増税法を成立させ、原発政策については「白か黒かの言葉遊びをすべきではない」と言葉を濁して、やり過ごそうとしています。この国を引っ張っていくには力が足りません。

第三極と言われる政党は、政策が大きく違う政党同士が離合集散を繰り返す「野合」「ポピュリズム(人気取り)」に陥っています。

現状の国難に際し、正しい方向に導いていける政党は唯一、幸福実現党しかありません!

幸福実現党は「高度経済成長」「教育再生」「国防強化」を実現し、国難からわが国を救い、「日本復活」を必ずや成し遂げて参ります!ご指導ご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。(文責・政調会長、中国比例ブロック第一支部長 黒川白雲)
03
2012
Relation Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。