スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

3/12 Happiness Letter93〔「子ども手当」という名の国民への背信〕

皆さま、おはようございます!
本日は「子ども手当」の驚くべき事実について、武田しんいち福島県本部参院選挙区代表からのメッセージをお届け致します。
☆゜・*:.。. .。.:*・゜
【武田しんいち氏寄稿】
参議院予算委員会で菅財務相が来年度以降の子ども手当の財源のメドが立たないことについて、苦しい答弁を繰り返していました。

不況の中で公共投資を削減し、不況を深刻化させ、税収が減っていく中で「これでもか、これでもか」と票目当てのバラマキを断行しているのです。
そのツケで鳩山政権が自分で自分の首を絞めるのは勝手ですが、国民の首も絞めつけられています。

ところで、この子ども手当、実はギョッとするような、あ・や・し・い内容の政策なのです。

子ども手当が支給される対象は、多くの国民は日本人の子供、もしくは日本に住んでいる子供に支給されると思っていらっしゃるのではないでしょうか。

私も、つい最近までそのように思っておりました。ところが、それが違うのです。
なんと日本に住んでいない外国人の子供にも支給されるのです。

在日外国人(永住資格者だけではなく、短期滞在者でも)が母国に子供を残して働きにきている場合、申請さえすれば、その子供に対して支給されるのです。

しかも、それは養子や婚外子でも支給され、例えば「一夫多妻制」の国の国民で、母国に何十人もの子供がいても、養育していることを証明するだけで、その人数分、支給されるのです。

そして、本人の子供かどうかの判断は、子供と定期的にメール等のやり取りがあれば良いそうです。
もちろん、日本人の私が、メールをやり取りしている人を「私の子供だ。婚外子だ」と主張しても……支払われません。
でも、外国人であれば支給されるのです。何十人分でも無制限に……

ちなみに海外に滞在している日本人家族や、子供を日本に残して海外に駐在している家族には支給されません。
理由は親が日本に住んでいないからです。

財源がない、だから「増税やむなし」と言っている一方で、国民が一生懸命働いて納めた血税を、なぜ、ここまで外国人にばらまかなくてはならないのでしょうか。

仮に子ども手当を目当てに、何十人もの養育証明書を作成して、日本に出稼ぎに来る外国人が申請して来た場合でも支払わなくてはなりません。

恐ろしいことになぜか、マスコミはこのことをほとんど報道しません。
外国人参政権といい、この子ども手当といい、民主党は私達の知らない間に、どさくさにまぎれて、とんでもない法案を通そうとしています。

外国人にも子ども手当を支給しておけば「外国人参政権」を通したときに票が増えると考えているのでしょう。
民主党は選挙のことしか考えていない政党屋集団です。

鳩山民主党は、一体、この国をどうしようとしているのでしょうか?

武田 しんいち
幸福実現党 福島県本部代表 武田しんいち(たけだしんいち)

HP:http://takedashinichi.blog69.fc2.com/
12
2010
Relation Entry

Comment

Trackback

http://happinessletter.blog111.fc2.com/tb.php/98-159124ac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。