FC2ブログ

8/21 Happiness Letter626〔放射線について学び、風評被害を無くそう! 〕

皆さま、おはようございます!
昨日20日付の読売新聞の社説は「『放射線』を学ぶ 基礎知識の習得で偏見なくせ」と題し、以下のように記載しています。

「東京電力福島第一原子力発電所の事故以降、福島県からの避難者がいわれなき差別や偏見に苦しむ出来事が相次いだ。

関東地方の小学校では福島からの転校生がクラスメートから仲間はずれにされ、不登校になった。首都圏のガソリンスタンドでは、福島ナンバーの車が給油を拒否された。放射能が人に感染するという誤解に基づく心ない行為だ。

基礎的な科学知識の欠如で人を傷つけることは看過できない。放射線教育の充実を図ることが急務だ。《中略》

放射線は大量に受けると人体に悪影響が及ぶ。危険な印象もあるが、使いようによっては、レントゲンやがん治療など役に立っている例もある。

宇宙や大地などからの放射線もあり、人は日常的にある程度の放射線を浴びている。

こうした知識は、福島県民や福島からの避難者に対する偏見を解消し、過度な不安による風評被害を防ぐことにつながろう。」

今、福島県の農林水産業、畜産業、食品加工業、観光業、その他の産業は、実際には放射線の影響を受けていなくても、風評被害によって大きな打撃を受けています。

そして、福島県民の方々がいわれなき差別や偏見に苦しんでいます。

大多数の福島県民が今回の事故によって受ける今年1年間の積算被曝線量は、CTスキャン1回分(6.9ミリシーベルト)以下であり、疫学的に健康被害が認められるレベルではなく、胎児や遺伝にも影響はありません。

広島・長崎の疫学調査でも、100ミリシーベルトを下回る放射線量では健康被害や遺伝的影響は確認されていません。

私たちは、正しい放射線に関する基礎知識を身につけ、政府やマスコミによる風評被害から福島県民を守らなくてはなりません。

本日8月21日(日)、福島県郡山市にて、放射能防護学の日本の第一人者である高田純教授をお招きして、「福島県放射能汚染の実態」についての講演会を開催致します。ぜひ、多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

■日時:本日8月21日(日)
※昨日のハピネスレターで、一部の開催日の曜日の表記が間違って記載されておりました。深くお詫び申し上げますとともに、上記のように訂正させて頂きます。

■プログラム:開場12:00/開演13:00/質疑応答13:50/閉会14:45

■開催場所:ベルヴィ郡山館4F

講演会チラシ(PDF)

※どなたでもご参加できます。入場は無料です。
21
2011
comment
0

8/20 Happiness Letter625〔明日、放射線防護学の権威・高田純教授講演会〕

皆さま、おはようございます!
明日8月21日(日)、福島県郡山市にて、放射能防護学の日本の第一人者である高田純教授をお招きして、「福島県放射能汚染の実態」をお話しいただきます。

高田教授は6月下旬に福島県内における放射線の計測、並びに、内部被ばくの調査を行い、政府も発表していない福島県の放射線量の実情を把握されています。

高田教授の最新刊『福島 嘘と真実─東日本放射線衛生調査からの報告』では現地調査結果を踏まえ、「福島の放射線は心配なく健康被害なし」「福島20km圏内も必ず人びとが暮らせるようになる。その日は遠くない」と福島復興に向けて力強いメッセージを記されています。

正しい情報が心と体を守ります。放射能について心配されている福島県民の皆さまをはじめ、県外の方も是非ご参加ください!共に、福島の未来を考えてまいりましょう!
高田純教授講演会「福島県放射能汚染の実態

■日時:明日8月21日(日)
開場 12:00/開演 13:00/質疑応答 13:50/閉会 14:45

■開催場所:ベルヴィ郡山館4F

講演会チラシ(PDF)⇒http://p.tl/bFRk

※どなたでもご参加できます。入場料無料。

【高田純教授略歴】

札幌医科大学教授、理学博士。大学院医学研究科放射線防護学、医療人育成センター物理学教室。放射線防護情報センターを主宰。放射線防護医療研究会代表世話人。
弘前大学理学部物理学科卒。広島大学大学院理学研究科(核実験)博士課程前期修了、同課程後期中退。
鐘淵化学工業中央研究所、シカゴ大学ジェームス・フランク研究所、京都大学化学研究所、イオン工学研究所、広島大学原爆放射線医科学研究所、京都大学原子炉実験所を経て、2004年より、現職。
第19期日本学術会議研究連絡委員会委員。鐘淵化学工業技術振興特別賞、未踏科学技術協会高木賞等を受賞。日本保健物理学会、日本放射線影響学会、日本放射化学会会員。
著書に『世界の放射線被曝地調査』『中国の核実験―シルクロードで発生した地表核爆発災害』『お母さんのための放射線防護知識』等多数。

参考記事
・「『福島の住民に健康被害は起きない』原発を救え!もはや危険地帯ではない 放射線量調査 独占レポート」(『ザ・リバティ』2011年8月号 特集記事)
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=2274
・「放射線の専門家が吠えた!『福島県民を混乱させる報道に腹が立つ』」(8月15日 産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110815-00000518-san-soci
20
2011
comment
0

8/11 Happiness Letter616〔本日、日経に全面意見広告!〕

皆さま、おはようございます!
本日8月11日(木)、日経新聞(302万部発行)の朝刊に、幸福実現党の全面意見広告「『脱原発』で日本はどうなる?」が掲載されました(テレビ欄の対抗28面)。日経新聞は全国の駅やコンビニ等でも購入できます。ぜひ、ご覧ください!

菅政権による無計画な「脱原発」が、日本経済や安全保障にどれほどのダメージを与えるか、また、福島の原発事故によって一般県民が受けた放射線量は健康被害が認められるレベルのものではないという事実、
そして、世界的なエネルギー需要が高まる中、日本は使命は、世界一安全な原発を開発・提供することであることを訴えた内容となっています。

経済界や政界、言論界にも大きな影響を与える広告となりますので、ぜひとも御活用ください!
☆゚・:.。..。.:・゚
【『左翼はなぜ経営できないのか。右翼はなぜ票が取れないのか。』拝聴会】

大川隆法党名誉総裁による講演『左翼はなぜ経営できないのか。右翼はなぜ票が取れないのか。』の拝聴会を全国の精舎、支部・拠点にて、8/16(火)以降に随時開催いたします。

昨日、菅首相が退陣について明言しましたが、左翼政治家である菅首相が国家経営に破綻したのは必然であることが分かります。左翼、右翼の考え方と問題点、そして新しい政治のあるべき姿が示されます!

【講演の内容】
・左翼は、なぜ国民の心をつかんで票を集めるのが上手いのか?

・左翼思想を持つ経営者(政治家)は、なぜ経営(国家経営)に失敗するのか?

・市民運動家が一国の首相をこのまま続けたら、日本はどのような方向に向かうのか?

・右翼は、どのように国民に誤解をされやすいのか?

本講演についてのお申し込み・お問い合わせは、お近くの幸福の科学の精舎、支部・拠点までご連絡ください。

全国の精舎⇒http://www.shoja-irh.jp/
全国の支部⇒http://www.happy-science.jp/shoja/location/index.php
11
2011
comment
0

8/9 Happiness Letter614〔“国壊総理”の早期の退陣を 〕

皆さま、おはようございます。
本日、8月9日、長崎は66回目の原爆の日を迎えます。長崎において、原爆の犠牲となられました多くの方々の御霊に対しまして、心より御冥福をお祈り申し上げます。

二度と戦争や原爆の惨禍が繰り返されるのことないよう、幸福実現党は日本の平和と安全を守り抜いてまいります。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
本日は、3日に引き続き、中野雄太静岡県本部幹事長より、「“国壊総理”の早期の退陣を」と題し、「脱原発批判」8回目のメッセージをお届け致します。
☆゚・*:.。..。.:*・゚
【中野雄太県幹事長寄稿】

先日、申し上げましたように、唐突にストレステストを打ち出した菅首相の本心は「脱原発」にあります。

このタイミングでストレステストを実施すれば、最低7ヶ月ほどかかると言われておりますので、年内に全国の原発が運転再開するのは絶望的です。

その結果、予想よりも早く、来年5月には全国に点在する54基の原発が停止する事態となります。

「脱原発」先進国のドイツでさえ、2020年までかけて慎重に原発を減らしていく計画を描いていますが、来年春に全原発が停止する見込みの日本の「脱原発」のスピードは無計画にして無謀です。

ただでさえ猛暑が予想されるなか、全国の原発が停止するようなことになれば、熱中症をはじめとして健康を害する方や死者も発生しかねません。

今年5月30日~7月31日の2カ月間に熱中症で救急搬送された人は2万4790人に達し、前年同期を約3600人上回っており、死者は43人にのぼっています。

本年7月に限ると、熱中症で救急搬送された人は集計開始後、過去最多の1万7788人に達しています。

さらに、電力不足による生産ラインの縮小、節電による小売業界の営業時間短縮が加速するなど、産業界から悲鳴が上がっており、日本経済の低落は必至です。

菅首相の突然のストレステスト打ち出しは、「脱原発」によって、日本経済を崩壊させる“愚策"以外の何物でもありません。

法的に安全基準を満たしている原子力発電所は早期に運転再開を進めるべきです。

これ以上、政治主導に名を借りた政治の暴走は許されません。日本を壊す“国壊総理”の早期の退陣を求めます。

中野 雄太
幸福実現党 静岡県代表 中野雄太

HP:http://yutasteve.blog.fc2.com/
twitter:http://twitter.com/#!/yutasteve
09
2011
comment
0

8/8 Happiness Letter613〔放射能を恐れすぎてはならない〕

皆さま、おはようございます!
幸福実現News第23号「福島の放射能はこわくない」が幸福実現党ホームページに掲載されました。
幸福実現News第23号「福島の放射能はこわくない」

また、幸福実現News第23号《党員限定版》も1、2面のみ公開。1面は「脱原発5つの間違い」、2面は「中国の対日戦略(後編)~評論家 石平氏に聞く」です。ぜひ、ご覧ください!
幸福実現News第23号《党員限定版》「脱原発5つの間違い」
☆゜・:.。. .。.:・゜
本日は、昨日に引き続き、フジサンケイビジネスアイに毎週金曜日好評連載中の「ついき秀学のMirai Vision」8月5日掲載の「『脱原発』は平和と安全を危うくする」の後半をお届け致します。
☆゜・:.。. .。.:・゜
【ついき秀学党首】

《放射能を恐れすぎてはならない》

また、原発事故を受けて放射能の恐ろしさが過度に強調されるのも、国防上のマイナスになります。

仮に中国や北朝鮮から核兵器で脅された場合、それだけで国民や政治指導者の士気が萎えてしまって簡単に降参しかねません。

もちろん放射能の危険性を軽視してはなりませんが、今回の事故で放射線被曝による死者は一名も出ておらず、一般市民の被曝も健康被害をもたらすレベルではありません。

農畜産物の放射能汚染も、例えばセシウムで汚染された牛肉を何回か食べても健康に影響はなく、体内に入ったセシウムもやがて排泄されていきます。

専門家によれば、100ミリシーベルトの被曝でガン細胞が最悪1個できるかどうかです。

実は体内でガン細胞は一日に何千個もできていますが、圧倒的多数の免疫細胞の働きにより消されていくので、ガンにならず健康が維持されています。

こうして見ると、微量の放射線被曝よりも、恐怖や不安等のストレスで免疫機能が低下することの方が発がんリスクを高めると言えそうです。

私たちは、経済的繁栄を維持するためのみならず、一国の平和と安全を守るためにも、今回の事故で高まった核アレルギーを克服しなければなりません。

ついき 秀学

幸福実現党 党首 立木秀学
HP:http://tsuiki-shugaku.hr-party.jp/
08
2011
comment
0