FC2ブログ

11/9 Happiness Letter708〔国際公約するべきは金融支援であって増税ではない〕

皆さま、おはようございます!
本日は、静岡県本部幹事長の中野雄太氏より「超円高とEU経済危機」について、4回に分けてメッセージをお届け致します。第1回目の本日は「国際公約するべきは金融支援であって増税ではない」と題し、メッセージをお届け致します。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
【中野雄太県幹事長寄稿】

EUはギリシャ危機の救済に必死です。先のG20の主要議題も「EU発の債務危機をいかに防止するか」ということでした。

G20の財務相会合でも同様で、ギリシャをどのように支援するかは、EU国内だけではなく全世界が注視しています。

ところが、両会議に出席した安住財務相や野田首相は「消費税10%増税」を国際公約しましたが、完全にスルーされてしまいました。

喫緊の国際情勢に鑑みれば、日本政府が公約とすべきは「EUへの国際金融支援」であるべきでした。日本国内の増税など、EU諸国から見ればどうでも良い問題です。

むしろ、世界は、日本がどのようなリーダーシップを発揮するかを見ていたのですが、野田首相や安住財務相は見事に財務省に踊らされた結果、世界の期待を大きく裏切ったと言えましょう。

一方、EU支援に関しては中国政府が積極的に支援を表明しています。

胡錦涛国家主席は「われわれは新興国や発展途上国の潜在力を掘り起こして経済発展させ、世界的な内需拡大に取り組むべきだ」と言及しています。

併せて、ギリシャからの輸入拡大とインフラ整備のために、中国企業の参加を表明して、ギリシャ政府の関心を引きつけています。

このまま放置しておけば、間違いなくギリシャをはじめとしたEU諸国はチャイナマネーに頼ることになり、日本は完全に相手にされなくなります。(つづく)

中野 雄太
幸福実現党 静岡県代表 中野雄太
http://yutasteve.blog.fc2.com/
09
2011
comment
0

11/8 Happiness Letter707〔「増税が国を滅ぼす!国民集会」ついき秀学党首あいさつ〕

皆さま、おはようございます!
本日は11月5日に開催されました「増税が国を滅ぼす!国民集会」のついき秀学党首の来賓挨拶の要旨をお届けさせて頂きます。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
【「増税が国を滅ぼす!国民集会」ついき秀学党首あいさつ(要旨)】

今、野田首相は増税に向けて、ひたすら爆進している状況です。国会では復興増税を審議して法案を通すことを目指しており、G20では「消費税増税」を国際公約としました。徹底的に増税に徹しています。

野田首相は就任の時に、自身を「ドジョウ」に例えました。自らを「ドジョウ」に例えたこと自体に、既に「増税」というメッセージがあったことを最近、発見しました。

ドジョウは古い仮名遣いで「どぜう」と書きますが、「<ど>うしても、<ぜ>いきんを、<う>ばいたい」というメッセージが「ドジョウ」の中に込められていることを発見しました。

最近、円高の為替介入を政府、財務省が中心にやっていますが、10月末は約7.5兆円から8兆円の規模。8月には4.5兆円、合わせると約12兆円で、復興増税の額を上回る規模の介入をしています。その介入の原資もまた国民からの借金です。

野田首相以下、政府は「借金を増やして将来にツケを回してはいけない。だから増税するんだ」という一方で、為替介入を名目に、どんどん国民からの借金を増やしている状況です。

為替介入は効果があっても数ヶ月です。いずれ円高トレンドが続けば、円が最高値を更新することになります。

はっきり言って、やってもやらなくても良い介入です。そんなことに12兆円もつぎ込んでいます。こんなことはあり得ません。

そんなお金があるんだったら、復興増税をやめて、それを震災復興の財源にすべきです。

世界を見渡すと、アメリカもヨーロッパも非常に調子が悪い状況です。日本には、世界の経済を救う力があります。

今までの為替介入によって、外貨準備高は100兆円近い額が米国債の形で塩漬けになっています。だったら、これをユーロに変えて、10兆円ぐらいボンとギリシャに貸し出すべきです。これでヨーロッパの債務危機を止める力があると考えています。

にもかかわらず、野田首相はG20で存在感が薄い。こんな状況ではいけません!

ですから私たちが声を上げて、この増税を撤回させ、そして私たちが次の新しい日本の繁栄をつくり、世界にも貢献していきたいと思います。

ついき 秀学

幸福実現党 党首 立木秀学
HP:http://tsuiki-shugaku.hr-party.jp/
08
2011
comment
0

11/7 Happiness Letter706〔本日、葛飾後援会主催セミナー「減税が国を立て直す!」開催!〕

皆さま、おはようございます!
本日11月7日(月)幸福実現党葛飾後援会主催のオープンセミナー「減税が国を立て直す!」が開催されます!

「ミスター増税」と呼ばれる野田首相は、国民には何ら語らず、国民の承諾無きまま、G20で一方的に消費税率10%増税を国際公約する暴挙に出ました。これは民主主義に対する冒涜であり、専制政治の始まりです。

また、復興増税も、民意を全く問うこと無く、本日7日に衆院本会議で審議入りし、10日の衆院通過、17日の成立を目指しています。

しかし、国民が大震災などで疲弊している時に、時の政権が「復興増税」を行った事があったでしょうか?

関東大震災や阪神淡路大震災の後、「増税」しようという無慈悲な政治家は当時はいませんでした。

不況期(復興期)の増税が経済に甚大なダメージを与えることを知っているからです。

実際、帝国データバンクによると、復興増税が自社の業績に「悪い影響がある(かなりを含む)」と答えたのは6割を超えており(63.9%)、「良い影響がある(かなりを含む)」としたのは、わずか0.5%に過ぎません。

多くの企業が、復興増税が業績に悪影響を与えることを懸念していますが、野田首相は国民の声に耳を貸そうとはしません。

今必要なことは、むしろ減税によって、国民や企業の負担を小さくし、国民の自助努力を鼓舞、後押しする国家の姿勢です。

幸福実現党は、政府及び財務省、一部マスコミが声高に唱える「増税やむなし」論に真っ向から反対し、「増税が国を滅ぼす」こと、「増税に頼らない復興財源の捻出」が可能であることを主張しております。

つきましては、本日11月7日(月)のオープンセミナー「減税が国を立て直す!」を通じ、増税反対の世論を築いて参りたいと存じます。一人でも多くの皆様のご参加をお待ち申し上げております。

講師:吉田寛・千葉商科大学大学院教授
演題:『子どもにツケをまわさない!』
吉田寛・千葉商科大学大学院教授

※吉田教授は、2007年より会千葉商科大学大学院会計ファイナンス研究科と公会計研究所の共催で「子供にツケをまわさない」をテーマに自治体財政研究会を開催。増税反対論を極めて分かりやすく、ユニークに説かれています。

講師:黒川白雲・幸福実現党政調会長
演題:『増税が国を滅ぼす』
黒川白雲・幸福実現党政調会長

【開催概要】
開催日時:11月7日(月)18時30分開場・19時00分開演

場所:かつしかシンフォニーヒルズ・アイリスホール
http://www.k-mil.gr.jp/access/sym_access.html
【京成本線・都営浅草線(京成押上線直通)】「青砥駅」下車徒歩約5分
【京成押上線】「立石駅」下車徒歩約7分
【京成バス新小52・53】JR新小岩駅⇔JR亀有駅「文化会館」下車

主催:幸福実現党葛飾後援会
07
2011
comment
0

11/6 Happiness Letter705〔「増税が国を滅ぼす!国民集会」開催!〕

皆さま、おはようございます!
幸福実現党は、昨日11月5日(土)13:00より開催された「増税が国を滅ぼす!国民集会」に協賛参加いたしました。

昨日の国民集会やデモの様子は「『増税NO』有識者らが反対集会」として11/6(日)の産経新聞(20面、東京版)や産経webにカラー写真付で掲載されています!ついき党首の発言も掲載されています!
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111105/fnc11110519490010-n1.htm


会場となった日比谷野外大音楽堂には昼過ぎから約2,100名の参加者が続々と集まりました。

国民集会においては、実行委員長の内山優氏(JTR-日本税制改革協議会・会長)のご挨拶に続き、「増税反対」の有識者・政治家らが大同団結しての大集会となりました!

まず、来賓として、鈴木真実哉氏(聖学院大学教授)、村島定行氏(鹿児島大学名誉教授)、中川暢三氏(前加西市長)、竹原信一氏(前阿久根市長)、水嶋一耀氏(減税日本公認 元平塚市長選候補者)、ついき秀学氏(幸福実現党・党首)から挨拶がありました。

ついき秀学党首は「復興増税をすると言いながら、その一方で為替介入を名目にどんどん国民からの借金を増やしている。そんなお金があるのだったら、復興増税をやめて震災復興の財源にすべきだ!」と強い口調で「復興増税反対」を表明しました。

また、吉田寛氏(千葉商科大学大学院教授)、山田宏氏(日本創新党・党首)からのメッセージが読み上げられると共に、Tea Party Patriots共同設立者/全米幹事のMark Meckler氏、West Orlando Tea Party創立者Ron McCoy氏からの“Message for the event in Nov.5"が読み上げられました。

続いて、協賛者・協賛団体として、マーク・アベラ氏(ミーゼス・インスティテュート日本代表)、石井幸子氏(日本創新党・杉戸町議会議員)、東瀧邦次氏(日本生涯現役推進協議会代表代行)、渡瀬裕哉氏(東京茶会代表)、福沢峰洋氏(地域政党・対話の会鹿児島代表)、村上善昭氏(NPO浦戸福祉会 事務局長)、飯田知世氏(若者の政治参加を促す会代表)が挨拶されました。

最後に、実行委員の中野雄太氏から決議文が読み上げられ、満場一致で採択。鬨の声に続いて、デモに出発しました!

来賓の皆様も先頭に立ち、長蛇の列のデモ隊の声が、霞が関の官庁街や財務省前、新橋・銀座の繁華街に響き渡り、非常に多くの沿道の方々から応援を頂きました!「増税反対」の世論が動き出した歴史的瞬間を実感しました!

最後になりましたが、ご参加頂きました皆様、ボランティアとしてご協力くださいました皆様に心より感謝申し上げます。

本日の集会を皮切りに「増税反対!」の声を一層、強め、11月中旬にも可決されようとしている「復興増税案」、そして野田首相が今年度中に法案を提出しようとしている「消費税増税」を断固阻止して参りましょう!!
06
2011
comment
0

11/5 Happiness Letter704〔本日の産経に「増税反対」の全面意見広告掲載!〕

皆さま、おはようございます!
野田首相が「復興増税法案」の早期実現を目指し、消費税10%を国際公約した今、幸福実現党は本日(11/5)の産経新聞(全国版)に「『増税』で痛みを受けるのは、国会の中で審議をしている人々ではなく、この紙面を見ている『あなた』なのです」と題した、増税反対の全面意見広告を掲載いたしました。

幸福実現党が「増税に反対する理由」として、「政治判断で、増税によらない財源捻出は可能である」「復興に必要なのは、増税ではなく景気回復である」ことを訴える内容となっております。

増税で日本を沈没させないために、ぜひとも、知人友人にもお知らせ下さい!
2011年11月5日 幸福実現党 産経新聞 増税反対意見広告
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
【いよいよ本日11/5(土)「増税が国を滅ぼす!国民集会」開催!】

開催日時:本日11月5日(土)12時開場・13時開演

場所::日比谷公園野外大音楽堂

・デモコース:日比谷公園⇒霞が関⇒新橋⇒有楽町⇒自然解散

一人でも多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております!!
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
幸福実現党ついき秀学党首より、「増税が国を滅ぼす!国民集会」への協賛参加にあたって、声明が発表されましたので掲載させて頂きます。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
【「増税が国を滅ぼす!国民集会」への協賛参加にあたって】

東日本大震災の発生から間もなく8カ月、いまだ復興への課題は山積しており、被災地復旧への取り組みは急務である。

しかし、世論調査で増税への反対が多い中、これを無視して、復興財源として増税を強いる政府・与党の手法には大きな誤りがある。

加えて、野田佳彦首相は昨日3日、フランス・カンヌで開かれた20カ国・地域(G20)首脳会合で、財政健全化のために消費税を2010年代半ばまでに10%に引き上げる方針を国際公約として表明したが、そのような増税路線の既成事実化は決して肯ずることはできない。

増税の帰結は消費停滞と経済活動の縮小、雇用の悪化であり、その先にあるのは「日本沈没」にほかならないからである。

長引くデフレや急激な円高といったわが国経済の現状を見れば、震災復興や財政再建は増税によらずに成し遂げるべきは明らかだ。

復興財源としては、わが党がかねて主張する日銀による国債引き受けはもとより、国債整理基金の剰余金活用や建設国債発行などを決断すればよい。財政健全化は、経済を成長させた後の果実としてもたらされることを知らなくてはならない。

また、政府・日銀は10月末、円高対策のため、過去最大7.5兆円規模とみられる、単独の為替介入を実施したが、過去の事例に鑑み、その効果たるや極めて一時的であることは明らかである。

8月4日の介入と合わせれば約12兆円と復興増税に並ぶ額だが、その原資は政府短期証券の発行による国民からの借金にほかならない。

政府は「借金を増やして将来にツケを先送りすることはしない」という論理で復興増税を正当化しているが、その傍らで介入資金の名目で借金を膨らまし続けており、既に自らその論理に違背しているのである。

したがって、その介入資金枠をこそ復興財源に回し、国民の負担を増やすだけの増税は撤回しなくてはならない。

さらに、ギリシャに端を発した欧州債務危機が世界の重大関心事となる中、日本は依然、その経済力を生かし、世界の大国として危機を救う力を有していることも指摘しておきたい。

現在、欧州はギリシャ支援で中国の協力を求めているが、わが国の安全保障上の観点からは中国の影響力拡大は看過できない。欧州にとって、中国ではなく日本こそが「まさかの友は真の友」であることを示すべき時である。

わが国は既に欧州金融安定基金(EFSF)に対して、これまで債券を総額で27億ユーロ分購入し、さらに追加購入を行う方針だが、これに加えて円資金10兆円程度をギリシャに直接貸し付けることで債務危機からの脱出を促し、欧州との関係強化を図るべきである。

欧州の債務危機や米経済の「二番底」懸念を乗り越えるために、日本こそが復興を通して高い経済成長を成し遂げ、世界経済の牽引車として使命を果たさねばならない。

野田政権の増税路線は、これとは真逆の日本衰退政策である。

そこで、わが党は明日5日、日比谷野外大音楽堂で開会される「増税が国を滅ぼす!国民集会」に協賛団体として参加し、政府・与党が推し進める増税路線への反対姿勢を改めて鮮明にする。引き続き、諸賢の御理解と御支援をお願いする次第である。

幸福実現党党首ついき秀学

幸福実現党 党首 立木秀学
HP:http://tsuiki-shugaku.hr-party.jp/
05
2011
comment
0