FC2ブログ

6/18 Happiness Letter562〔「日本を守り抜く!国民集会」開催!!〕

皆さま、おはようございます!
沖縄返還協定締結40周年を記念し、昨日6月17日(金)、日比谷野外音楽堂にて、保守系市民団体の「日本を守ろう国民会議」(代表:惠隆之介氏)による「日本を守り抜く!国民集会」が開催され、約1,300名が集結しました!幸福実現党も協賛団体として参加致しました!

国歌斉唱後、実行委員長の惠隆之介氏がご挨拶され、その後、知識人・文化人の方々のご挨拶に続いて、来賓の一人として、幸福実現党ついき秀学党首が挨拶致しました。

沖縄からも数十名が参加し、眼前に迫った危機を訴え、「尖閣・沖縄」を守り抜く決意を込め、鬨の声が発されました!

集会後、冷たい雨を吹き飛ばすかのような熱いデモ行進が行われました!!
2011年6月17日 「日本を守り抜く!国民集会」デモ行進 「沖縄・尖閣を守り抜け!」

デモ隊は日比谷から外務省、財務省、文部科学省などの主要官庁が立ち並ぶ霞ヶ関の中心街を行進し、「沖縄・尖閣諸島は日本の領土だ!」「弱腰外交、土下座外交をやめろ!」「菅内閣は即刻退陣せよ!」という大規模デモ隊の声が鳴り渡りました!

さらに新橋、銀座、八重洲にかけての繁華街を行進し、「政府は中国に毅然とした対応をせよ!」「中国海軍の太平洋侵出を抑止せよ!」「マスコミは国益にかなった報道をせよ!」などを訴え、約1,300名がデモ行進を行いました!

「日本を守り抜く!国民集会」及びデモ行進の様子は下記URLからご覧頂けます。
http://www.hr-party.jp/new/2011/7735.html

沖縄・尖閣の危機を訴えるべく、雨天の中、熱き情熱でご参加頂きました多くの皆様に心より感謝申し上げます。
☆゜・:.。. .。.:・゜
昨日6月17日、幸福実現党は沖縄返還協定締結40周年に寄せて、意見広告(全面広告)を産経新聞に掲載いたしました。下記ページより、画像をご覧頂けます(PDF及びJPGのダウンロードもできます)

↓『産経新聞』意見広告
2011年6月17日 幸福実現党意見広告(産経新聞)「沖縄返還協定締結40周年に寄せて」
http://www.hr-party.jp/new/2011/7788.html

また、同じく昨日6月17日、幸福実現党は宮古新報、沖縄タイムスに「尖閣危うし!」と題する意見広告(全面広告)を掲載致しました。下記ページより、画像をご覧頂けます(PDF及びJPGのダウンロードもできます)。ぜひ、ご覧ください!!

↓『宮古新報』意見広告
2011年6月17日 幸福実現党意見広告(宮古新報)「宮古・尖閣危うし!」

↓『沖縄タイムス』意見広告
2011年6月17日 幸福実現党意見広告(沖縄タイムス)「 尖閣危うし!」
http://www.hr-party.jp/new/2011/7763.html
18
2011
comment
0

6/17 Happiness Letter561〔沖縄・尖閣を守り抜こう!〕

皆さま、おはようございます!
本日6月17日は「沖縄返還協定」締結40周年となる記念日です!
幸福実現党は「沖縄・尖閣を守り抜こう!」と題し、本日の産経新聞に意見広告(全面広告)を掲載させて頂きました!意見広告の内容は以下の通りです。
☆゜・:.。. .。.:・゜
■産経新聞意見広告(全面広告)

沖縄・尖閣を守り抜こう!

日本の悲願であった沖縄・尖閣の本土復帰が約束された日。
それが、40年前のきょうでした。
しかし、いまの政権には、国土を守るという意思も気概もありません。
アジアの平和のためには、いまこそ日本の自立と「日米同盟」の堅持が必要なのです。

《中略》

昨年の「9.7尖閣事件」で明らかなように、尖閣・沖縄の実効支配を狙っている国があります。
「地域主権」論などを唱えて地方に責任転嫁するのではなく、国家として守りきるのが政治の責任です。

立党から2年。幸福実現党は国防と経済の危機を訴えつづけてきました。
国難から、あなたを、国民を守るために。

「日本を考えよう。」 幸福実現党
☆゜・:.。. .。.:・゜
■本日6/17、日比谷野音で緊急「国民集会&デモ行進」!

「沖縄返還協定」締結40周年となる本日、国防の危機が現実に迫る尖閣・沖縄を守り抜く「国民集会&デモ行進」が開催されます。

本日は雨天が予想されますが、尖閣・沖縄を守るべく、熱き情熱でこの国を動かして参りましょう!!

【沖縄返還協定締結四十周年記念】
「日本を守り抜く!国民集会」
~日本固有の領土である沖縄・尖閣を守ろう!~

日時:6月17日(金)12:00開場/13:30開演~(雨天決行!)
場所:日比谷野外音楽堂
詳細:http://nipponmamorou.org/news/95/
チラシ(PDF)

「日本固有の領土、沖縄・尖閣を守り抜く」ことを広く国民に共有すべく、是非、お誘い合わせの上、ご参加ください!よろしくお願い致します。
17
2011
comment
0

6/16 Happiness Letter560〔座していては日本を守れない!〕

皆さま、おはようございます!
沖縄返還協定締結四十周年記念日の前夜となる本日6/16(木)21時~の「幸福実現TV」は、拓殖大学の恵隆之介客員教授(元・海上自衛官)をお招きし、緊急企画【沖縄・尖閣を守れ!~マスコミも言わないニッポン防衛事情~】をお送り致します!

放送時間帯(本日21時~)に下記アドレスにアクセス頂ければご覧頂けます!
http://www.ustream.tv/channel/幸福実現tv
☆゜・:.。. .。.:・゜
本日は沖縄第3区支部長の金城タツロー氏より、「座していては日本を守れない!」と題し、一昨日に引き続き、3回目(最終回)のメッセージをお届け致します。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
【金城タツロー氏寄稿】

沖縄本島で圧倒的シェアを誇っている地元紙は、中国の軍事行動には問題はなく、米軍の行動こそ危険に満ち満ちていると受け取れるような恣意的報道を垂れ流し続けています。

例えば、本年1月に米軍が日本の排他的経済水域(EEZ)内で機雷除去訓練をしたことについて、「米軍訓練・不安と怒り・漁師『どこで操業をすれば』」という見出しで重大な問題として扱っています。米軍は中国の撒く機雷を想定して除去訓練をしていたものと見られます。

しかし、今回、中国の11隻の艦隊が訓練で日本のEEZ内を通過したにも関わらず、「公海なので問題はない」と全く問題視しないのはどういうことでしょうか?

「同盟国・米軍の訓練では県民の安全が脅かされるが、日本に核ミサイルを向けている中国の訓練は何ら問題ない」と言っているようなものです。

日米同盟の亀裂を深め、「米軍基地撤去」の県内世論を醸成する報道姿勢は「中国の沖縄侵略に加担している」と言わざるを得ません。

現実に「今、ここにある危機」を伝えないマスコミの罪は万死に値します。

今後、混迷する世界の中で、日本は「世界のリーダー国家」としての役割を果たすべきであり、「座して死を待つのみ」であってはいけません!

「今、ここにある危機」を国民に伝えるべく、沖縄返還協定締結四十周年記念となる明日6月17日(金)13:30~日比谷野外音楽堂で「日本を守り抜く!国民集会」(集会&大規模デモ)が開催されます!
http://nipponmamorou.org/news/95/

明日の集会とデモには、沖縄からも数十名の同志達が万難を排して参加し、「尖閣・沖縄を守れ!」という私たちの願いと危機感を訴えさせていただきます!

座していては日本を守れません!

どうか共に立ち上がり、行動して参りましょう!!

金城 タツロー
幸福実現党 金城タツロー
HP:http://ishin0507.ti-da.net/
16
2011
comment
0

6/15 Happiness Letter559〔尖閣・沖縄を守り抜け!〕

皆さま、おはようございます!
「沖縄返還協定締結四十周年記念日」の6月17日が近付いていますが、中国海軍の艦隊が沖縄近海を無断通過し、自衛隊が警戒を強めるなど、尖閣・沖縄海域が一気に緊迫の度を増す中、幸福実現党は尖閣・沖縄防衛強化を訴えてまいります!
☆゜・:.。. .。.:・゜
■明日6/16「幸福実現TV」緊急企画!

明日6月16日(木)21時~の「幸福実現TV」(インターネット生放送)は、拓殖大学の恵隆之介客員教授(元・海上自衛官)をお招きして、緊急企画【沖縄・尖閣を守れ!~マスコミも言わないニッポン防衛事情~】をお送りいたします!

元・海上自衛官の恵隆之介氏による「マスコミも言わない日本の防衛事情」をふんだんにご紹介致します!

「なぜ、こんな大切なことをマスコミは発信しないのか?」と思われることでしょう。

ご覧頂ければ、必ず「日本人としての誇り」が持てます!

フィリピン、ベトナムなどの東南アジア諸国と中国の緊張が高まる中、「このままでニッポンは大丈夫か?」と、危機感を持たれている方は必見です!

恵隆之介先生は、6月17日「日本を守り抜く!国民集会」の実行委員長であり、幸福実現党も協賛団体として参加いたします。

是非、皆さま16日(木)21時~の「幸福実現TV」をご覧頂いた上で集会&デモに参加頂き、尖閣・沖縄を守り抜きましょう!

放送時間帯(6月16日21:00~)に、下記アドレスにアクセス頂ければご覧頂けます。
http://www.ustream.tv/channel/幸福実現tv

☆゜・:.。. .。.:・゜
■明後日6/17、日比谷野音で緊急「国民集会&デモ行進」!

沖縄返還協定締結四十周年記念
「日本を守り抜く!国民集会」
~日本固有の領土である沖縄・尖閣を守ろう!~

日時:6月17日(金)12:00開場/13:30開演~
場所:日比谷野外音楽堂
詳細:http://nipponmamorou.org/news/95/
チラシ(PDF):http://bit.ly/mFmvKo

「日本固有の領土、沖縄・尖閣を守り抜く」ことを広く国民に共有すべく、是非、お誘い合わせの上、ご参加ください!よろしくお願い致します。
15
2011
comment
0

6/14 Happiness Letter558〔中国の悪を助長させてはならない(2)〕

皆さま、おはようございます!
幸福実現党の大川隆法名誉総裁と、ついき秀学党首による対談が本日6月14日(火)以降、幸福の科学の全国の支部・拠点・精舎にて開示されます!詳細は、お近くの支部・拠点・精舎までお問い合わせください。

対談では、最新の政局から中国問題等の国際情勢、原発問題、幸福実現党の未来等に至るまで幅広く、かつ分かりやすく話し合われています!ぜひ、皆さま、ご覧ください!!
☆゜・:.。. .。.:・゜
本日は沖縄第3区支部長の金城タツロー氏より、「中国の悪を助長させてはならない」と題し、2回目のメッセージをお届け致します。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
【金城タツロー氏寄稿】

8~9日にかけ、計11隻の海軍艦艇が沖縄本島と宮古島の間を通過し、西太平洋海域で歴代最大規模の艦隊訓練を繰り広げています。水底では3~4隻の潜水艦も同行しているものと見られます。

これに対して、外務省は中国に抗議しない方針ですが、「わが国も同じように、中国近海で自衛艦11隻を遊弋させる」と牽制ぐらいしたらどうでしょうか。

傍若無人な侵略に対しては、反撃する意志と能力があることを必ず示すのが「抑止」の原則であり、「中国を刺激しないように」といった弱腰外交が、ますます中国をエスカレートさせているのです。

中国は日中首脳会談での東シナ海での情報共有を図る「海上メカニズム」の約束は破っても、一昨年4月、「海軍の5大兵種(艦艇や潜水艦など)は毎年数回部隊を組織し、遠洋訓練を行う」と公言したことについては必ず実行しています。

尖閣上陸を目指していた(いる?)「中華保釣協会」の動きと合わせて、沖縄返還協定締結四十周年記念となる6月17日前後の中国艦隊の行動が気がかりです。

そして、「(中国海軍の通過は)公海上で国際法上問題はない」と責任逃れをした外務省。同海域は排他的経済水域(EEZ)内であって、我が国の領海に準じた扱いがなされる海域です。

5月29日にベトナムのEEZ内において、調査活動中のベトナム探査船が中国監視船の妨害行為によりケーブルが切断されるという事件が発生した直後ですから、外務省はベトナムの事例を挙げてでも中国政府に対して警告を発し、「いかなる理由でこの海域を通過するのか」と問い質すべきでした。

弱腰の日本とは違って、ベトナムでは、中国の横暴な振る舞いに対して国民が立ち上がり、2週連続の大規模な反中デモに発展。昨日13日には、ベトナム海軍が南シナ海で実弾を使った演習を行うなど、毅然たる姿勢で中国を牽制しています。(つづく)

金城 タツロー
幸福実現党 金城タツロー
HP:http://ishin0507.ti-da.net/
14
2011
comment
0