FC2ブログ

5/1 Happiness Letter512〔脳死は人の死ではない2〕

皆さま、おはようございます!
本日は私、こぶな将人(まさと)より、「脳死は人の死ではない」と題し、2回目のメッセージをお届け致します。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
【こぶな将人寄稿】

これまでの臓器移植法では「臓器提供に限り人の死」と位置づけられていましたが、改正臓器移植法は「脳死は一般に人の死」と位置付け、脳死者の身体を「死体」と表現しています。

そして、15歳未満の子供からの臓器提供ができるようになり、本人が生前に臓器提供を拒否表明していなければ、家族の同意で臓器提供が可能になりました。その結果、臓器移植の可能性が格段に広がりました。

しかし、脳死状態であっても、心臓は動いています。脳死状態で「意識が無い」ということは科学的には証明されておりません。

脳死患者が家族の呼びかけなどに反応して涙を流したり、血圧が上がるなどの反応を示すことがあり、脳死状態であっても意識があるとする見解も少なくありません。

特に、子供の脳死の場合、身長が伸び続け、歯が生え替わり、顔つきが変わる例も報告されています。

それなのに「脳死」を「人の死」と定義して良いのでしょうか?

私たちは霊的世界の真実から見て、「心停止後およそ24時間後」が本当の人間の死であると考えています。

こうした中で「脳死」を「死」と位置づけ、臓器を摘出することは「尊い生命」が合法的に奪われてしまうことを意味します。

特に、子供や乳幼児は、生前に臓器提供を拒否する意思表示を明確にしておくケースは少ないと思われます。

限られた時間内で、家族が臓器移植の是非を迫られ、子供の「死」を決めても良いのでしょうか?

当時この法案に対しては、自民・民主両党とも見識を持たず、明確な判断ができませんでした。

その結果、「議員一人一人の判断にゆだねる」という異常な形で審議が進められ、2009年7月13日、参院本会議で賛成138、反対82で可決、成立しました。

幸福実現党の立党直後の時期でもありましたが、麻生政権末期で、解散直前のドタバタの中で、十分な議論がなされないまま、すんなり改正法案が成立してしまいました。

改正臓器移植法は「人の死」とは何かを決める法律です。政局の中で法が改正され、大々的な適用が始まった現状に懸念を感じざるを得ません。(つづく)

こぶな 将人
小鮒将人

HP:http://blog.canpan.info/kobuna/
01
2011
comment
1

4/30 〔脳死は人の死ではない〕Happiness Letter511

皆さま、おはようございます!
昨日4月29日(金)、大川隆法党名誉総裁の講演会『成功への道』が開催されました。政治に関する講話部分の要約の一部を幸福実現党公式ホームページに掲載致しました。
http://www.hr-party.jp/new/2011/5462.html
☆゜・:.。. .。.:・゜
昨晩は、多くの皆様にUstream番組《幸福実現TV》【風評被害】(小島一郎幹事長代理他)をご覧頂き、心より感謝申し上げます。「福島産の野菜や牛乳がとても美味しそうだった!」と反響を頂きました。


今回放送分も含め、《幸福実現TV》の過去の収録映像は下記URLからご覧いただけます!
http://www.ustream.tv/channel/%E5%B9%B8%E7%A6%8F%E5%AE%9F%E7%8F%BEtv
☆゜・:.。. .。.:・゜
本日は私、こぶな将人(まさと)より、「脳死は人の死ではない」と題し、3回に分けてメッセージをお届け致します。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
【こぶな将人寄稿】

さる4月12日、非常に心の痛むニュースが報道されました。15歳未満の子供に初めて「法的な脳死判定」があったのです。

15歳未満からの臓器提供を可能にした昨年7月の「改正臓器移植法」施行後、初の適用例となりました。

本人は生前、意思は示していませんでしたが、家族はこの少年の臓器提供に承諾の意思を表明し、直ちに臓器移植手術が行われました。

手術そのものは成功と報道され、少年の心臓、肺、肝臓など多くの臓器が摘出され、患者に提供されました。

脳死については、以前より現在に至るまで社会的にも論争になっており、国論として結論が出ていない問題であります。

脳死に陥った場合、臓器提供は「義務」ではなく、残された家族が選ぶことができる「選択肢」のひとつです。家族は、自らの子供の「死]を選んで、他の子供のために臓器を提供することを承諾するか、「死」を決める重い選択を迫られます。

いずれの選択をしても、家族にとっては重い選択で、その後も自責の念にさいなまれる方も少なくありません。

マスコミ報道では、重い病気にかかっているお子さんが日本で臓器移植を受けられないために、やむなく海外に行くという特集を行い、日本の脳死関連の法律が不備のために、多くの日本人の命が失われているというキャンペーンも見られます。

しかし、私たち幸福実現党は、宗教政党として、臓器提供者の立場から「脳死は人の死ではない」という立場を取っております。(つづく)

こぶな 将人
小鮒将人

HP:http://blog.canpan.info/kobuna/
30
2011
comment
0

4/20 Happiness Letter501〔中日新聞の偏向報道について(1)〕

皆さま、おはようございます。
本日は、小島一郎幹事長代理より「中日新聞の偏向報道について」と題し、2回に分けてメッセージをお届け致します。
☆゜・:.。. .。.:・゜
【小島一郎幹事長代理寄稿】

衆院愛知6区(愛知県春日井市、小牧市、犬山市)補欠選挙は12日に告示され、補欠選挙が始まっています(24日(日)投開票)。

幸福実現党は福原まゆみ候補を擁立していますが、他に自民、減税日本、共産、無所属の計5名が立候補しています。

先日、私が愛知6区の応援のために春日井駅からタクシーに乗って幸福実現党の選挙事務所をお願いすると、運転手さんから「何でおたく(幸福実現党)の候補者は新聞に載っていないのか。新聞に載らないと有権者は分からない。頑張っているのに大変だね~」と、質問と同情の声を聞きました。

読売、朝日、産経、毎日は、立候補している候補を公平に取り上げていますが、唯一、中日新聞だけは、福原まゆみ候補を全く取り上げません。

毎日は「主要候補」の一人として福原まゆみ候補を掲載していますし、朝日も全候補者を公平に掲載しています。

ところが、中日新聞だけでは「主要候補者」とわざわざタイトルを打って「自民、減税、共産」の3候補だけを取り扱い、福原まゆみ候補を掲載していません。

愛知県のほとんどの家庭が中日新聞を購読しているので、「福原候補は存在していない」と誤解を与えています。

中日新聞で記事にならなければ、事実上、選挙において他の候補と同じスタートラインに立つことができず、候補として抹殺されるに等しいのです。

一体何が起きているのでしょうか?驚くほかありません。

偏向報道も甚だしく、「政治参加の自由」や、国民の「知る権利」を著しく奪う偏向報道です。

実は2009年の衆院選と2010年の参院選においても、中日新聞だけが幸福実現党の候補の写真も候補者名も報道していませんでした。

「幸福実現党は政党要件を満たしていないため」というのが理由でした。そんなものは、後付けの言い訳であり、「正当な理由」とは到底言えませんが、当時は涙を飲みました。

しかも今回は、まだ政党要件を満たしていない「減税日本」を大々的に報道しているではありませんか!

これは、まさに公職選挙法に違反する「不公正」な選挙違反報道であり、ジャーナリズムとしての「公正なる選挙報道」を即刻、求めるものであります。(つづく)

小島 一郎

幸福実現党 幹事長代理 小島一郎

HP:http://kojima-ichiro.net/
twitter:http://twitter.com/kojimaichiro
20
2011
comment
0

1/23 Happiness Letter411〔英BBC放送の被爆者愚弄は許し難い〕

皆さま、おはようございます!
本日は、小島一郎幹事長代理より、「英BBC放送の被爆者愚弄は許し難い」と題し、メッセージをお届け致します。
☆゜・:.。. .。.:・゜
【小島一郎幹事長代理寄稿】

英BBCテレビのお笑いクイズ番組で、広島と長崎で被爆した「二重被爆者」の故山口彊さんを「世界一運が悪い男」などと笑いの種にしていたことが分かりました。

この番組は昨年12月に放映されたもので、山口さんが出張先の広島で被爆し、長崎に戻るとまた原爆が投下されたとアロハシャツを着た司会者が述べると、スタジオの芸能人や観客が爆笑したといいます。

スタジオからは何度も笑い声があがり、きのこ雲や山口氏の顔写真も掲げられました。

番組を見た在英邦人が日本大使館に連絡し、大使館がBBCと番組制作会社に抗議しました。

番組プロデューサーからは「この(原爆)問題に対する日本人の潜在的な敏感さを軽視したのは明らか。お気楽な番組で扱うには全くそぐわないと日本人が見なすのは想像に難くない」などと釈明する書簡を返しました。

この件に関し、山口さんの長女山崎年子さん(62)は21日、「世界中が核廃絶に向けて努力している中、父の体験を軽視するようなことは遺憾で許せない」と話しています。

山崎さんは「家族内で『運が悪かった』と笑いながら話したことはある。しかし、核保有国の英国でこのように取り上げるのは話が別。核削減への真摯さが足りない風潮から、こういう発言が出てくるのではないか」と憤りを見せています。

イギリスBBC放送という、大メディアで、被爆者を愚弄する番組が平然と放送される事実。恐ろしいことです。

BBCは猛省し、昨年死去した山口氏の遺族や、ほかの被爆者はじめ日本人に正式に謝罪すべきです。

原爆は10万人の民間人の命を奪った悲劇です。一瞬にして年齢、性別関係なく命を奪い、被爆後遺症の苦しみに突き落としました。

経験した方は口々に「地獄を見た」と、言います。

※衝撃の原爆体験!『シンジ~いま語られる・・・65年目の真実』参照
http://kojima-ichiro.net/1148.html

原爆の悲劇を忘れてはなりません。忘れさせてもなりません。

そのためには、敗戦による、自虐的、自己処罰的な考え方を超えなければなりません。

そして、日本は敗戦から立ち上がった経済大国として、被爆国として、世界平和に貢献する義務と責任があります。

小島 一郎

幸福実現党 幹事長代理 小島一郎

HP:http://kojima-ichiro.net/
twitter:http://twitter.com/kojimaichiro
23
2011
comment
0

9/8 Happiness Letter275〔大きな政府と小さな政府2〕

皆さま、おはようございます!
本日、幸福実現党出版局より『小沢一郎の本心に迫る―守護霊リーディング―』(大川隆法著)が緊急発刊されます!
本日の産経新聞の本書広告には「代表戦で負けても、菅政権は年内に潰して、政界大再編を仕掛ける」(小沢一郎守護霊)という大きな見出しがつけられています。
代表戦出馬の本当の理由、政治とカネ、米中との外交、憲法改正、そして、政界再編構想までを語った衝撃の本書、ぜひ、ご一読ください!
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
本日は、昨日に引き続き、女性局長の竜の口法子(たつのくちのりこ)氏より、「大きな政府と小さな政府」の2回目(最終回)のメッセージをお届け致します。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
【竜の口法子女性局長寄稿】

朝日新聞の世論調査で「税負担は重いが、社会保障などの行政サービスが手厚い『大きな政府』」と「税負担は軽いが、行政にはあまり頼れず、自己責任が求められる『小さな政府』」と日本はどちらを目指すべきか、と尋ねたところ、
「大きな政府」58%、「小さな政府」32%という調査結果が出たとのことです。

そして、女性だけに限ると「大きな政府」が62%、「小さな政府」が27%でした。

女性は男性より「大きな政府」を望む傾向があるようです。

子供を守り、親の介護をし、働きながら家計のやりくりに苦労している女性たち。

不況が続く日本に不安を抱えて、将来が見えず、孤独になる女性たち。

「税金が高くても仕方がない。それでも手厚い行政サービスに依存したい」という気持ちは、男性より強くなることは、本当によく分かります。

私も以前は、「大きな政府」と「小さな政府」を正しく理解していませんでした。

「大きな政府」へのあこがれや、待望論は意外に深いところにあるのではないでしょうか。

思い出してみれば、中学時代、社会科の先生に「生まれてから死ぬまで保障される福祉国家がどれだけ素晴らしいか」を授業で熱く語られ、「そうだ、その通りだ!」と納得したものです。「左翼教育」の洗脳力は恐ろしいものです。

しかし、菅首相が理想としている「高福祉国家」のスウェーデンの国民負担率(税金+社会保障負担)は70%(日本の国民負担率は40%)で、消費税も最高25%にもなっており、収入の大半が税金で取られる「重税国家」です。

「ゆりかごから墓場まで」と言われ、国家が生まれてから死ぬまで面倒を見るスウェーデンにおいて、高い犯罪率、自殺率、離婚率が見られます。家庭崩壊、青少年犯罪も大きな問題になっています。

「大きな政府」は「税金」だけでなく「人としての生きがい」まで奪ってしまうのではないでしょうか。

人間はお金さえ満たされれば幸福な存在ではありません。

人間には「いくつになっても、世の中や誰かの役に立つ存在でありたい」――そうした根源的な願いがあるのです。

「努力する者が報われる」社会――そうした自由と努力の因果が認められる中に、人は「生きがい」「働きがい」を見出すのではないでしょうか。

また、「家族が面倒を見る」のではなく、「国家が面倒を見る」社会は「家族不要論」「家族の解体」をもたらしています。

「小さな政府」と「大きな政府」、それは単に経済原理だけではなく、人間とは何か、人生観、家族観、宗教観、世界観まで含んだ視点から考えていくことが必要です。

竜の口 法子

幸福実現党 女性局長 竜の口法子(たつのくちのりこ)

http://tatsunokuchi-noriko.hr-party.jp/"
08
2010
comment
0