FC2ブログ
Entry Navigation

11/10 Happiness Letter709〔中国の、日本制覇を企む恐るべき野望!〕

皆さま、おはようございます!
幸福実現党の機関紙「幸福実現News」第26号(党員限定版)が発行されました。幸福実現党のホームページに、全4面の内、1,2面が掲載されました。

1面のテーマは「被災地復興を梃子に日本の新たな成長を描け」です。〝増税ありき〟の野田政権を批判し、新たな経済成長戦略を掲載!

2面のテーマは阿倍内閣のブレーンとして活躍されるなど、保守系の教育再生運動の先頭に立たれている八木秀次氏(高崎経済大学教授、日本教育再生機構理事長)による「日本の教育に流れるソビエト教育学の毒水(第2回)」です。

戦後教育学を支配して来たソビエト教育学が毒水となって、現在の日本の教育問題(ゆとり教育、ジェンダーフリー、いじめ等)をもたらしていることを指摘します!
☆゜・:.。. .。.:・゜
【本日10日(木)21:00~幸福実現TV「中国の、日本制覇を企む恐るべき野望!―平和ボケ日本人への警告―」放送!!】

本日11/10の幸福実現TVは『月刊中国』主幹の鳴霞(めいか)氏をゲストにお迎えし、「中国の、日本制覇を企む恐るべき野望!―平和ボケ日本人への警告―」をお送り致します。

中国内部からの情報網による、マスコミが報道しない「中国の野望」を今、明らかにします!

【鳴霞(めいか)氏 プロフィール】
1957年、中国遼寧省瀋陽市(旧奉天市)生まれ。元中国共産党のエリート。
1982年来日、京都日本語学校を卒業し、兵庫・大阪の中国語学校で講師を務める。
2002年から「月刊中国」主幹として、日本のマスコミが扱うことのない中国内部情報を精力的に発信し、注目される。
著書に『苦悩の中国 母性の危機』『中国人民解放軍の正体』『中国NEWS』など

幸福実現TVの生放送(ニコ生・Usream)は、放送時間帯(11/10(木)21:00~)に下記URLに直接アクセス頂ければご覧頂けます。

■ニコニコ生放送(開場:20:57 開演:21:00、事前にニコニコ動画のアカウントを登録ください(無料))
http://bit.ly/ubPVg3
■Ustream
http://p.tl/qr6_
10
2011
comment
0

10/12 Happiness Letter680〔崖っぷち日本、どうする安全保障!?〕

皆さま、おはようございます!
[HRPニュースファイル056]「無責任制度!石川県小松・能見地区「育鵬社の教科書逆転不採択!」が更新されました!!
http://www.hr-party.jp/new/2011/12253.html

HRPニュースファイルは、日々の時事ネタを、幸福実現党の論客がズバッと解説!世の中を見る新しい視点が得られます!

HRPニュースファイルはメルマガでもお届け致しております。登録はp-mail@hrp-m.jpまで空メールを送信するだけ(無料)!翌朝から毎朝、配信されます!
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
明日10月13日(木)21:00~の幸福実現TVは「崖っぷち日本、どうする安全保障!?」をテーマに、危機に立つ日本の安全保障について強く警鐘を鳴らしてまいります。

明日のゲストは、中国軍事研究に取り組んでいる幸福実現党出版局長の矢内筆勝(やない・ひっしょう)氏、長く沖縄の安全保障問題に携わっている同沖縄県本部代表代行の金城タツロー氏です!

中国・大連の空母視察から戻って来たばかりの矢内出版局長からは、生々しい中国の軍拡の現状と日本の安全保障の危機について、大いに語って頂きます!

また、昨年の沖縄県知事選において唯一、「普天間基地の県内移設」を訴えた金城タツロー氏は、Skypeで沖縄とスタジオを繋いで、沖縄の危機をテーマに訴えます!今回の幸福実現TVも、お見逃しなく!

※今回、2回目の放送となる「ニコニコ生放送」とは、インターネット生放送を視聴しながら、視聴者のコメントが全員に共有されるサービスです!

ぜひ、たくさんの皆様にご視聴、応援頂きたいと思います!(※コメントするためには、予め、「ニコニコ動画」のアカウント登録(無料)が必要になります。)

幸福実現党チャンネルの生放送(ニコ生・Usream)は、放送時間帯(10月13日(木)21:00~)に下記URLに直接アクセス頂ければご覧頂けます!
【ニコニコ動画生放送】⇒http://p.tl/bMPQ 《開場:20:57 開演:21:00》
【USTREAM】⇒http://p.tl/qr6_
12
2011
comment
0

10/4 Happiness Letter671〔恐るべき中国の沖縄侵攻戦略〕

皆さま、おはようございます!
本日は政務調査会の佐々木勝浩氏より、「中国の海洋覇権~すでに、中国の日本属国化は始まっている~」の7回目(最終回)として「恐るべき中国の沖縄侵攻戦略」と題してメッセージをお届け致します。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
【佐々木勝浩氏寄稿】

《中国の海洋覇権(7)恐るべき中国の沖縄侵攻戦略》

「中国が沖縄を取りに来るなんてそんなことはありえない」――そう思っておられる国民の方々が大半だと思います。

しかし、中国は、本気で沖縄を取るために着々と手を打っています。

中国に自治区にされ、地元住民の弾圧や虐殺が今でも続いているチベット(チベット自治区)、東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)、南モンゴル(内蒙古自治区)ですが、中国が手始めに行ったことは「中国の領土である」と世界に宣伝することでした。

次には、大量の漢民族が流入し、弾圧や粛清、民族浄化が起こりました。

既に中国は「沖縄を私たちの領土である」と宣伝を始めています。

2009年12月、北京で中国人歴史研究者らによるシンポジウムが開かれ、「明治政府による琉球併合(1879年)も、戦後の沖縄返還(1972年)も国際法上の根拠はない」との主張が繰り返されました。

2010年12月には、香港や台湾のメディアに「中華民族琉球特別自治区援助準備委員会結成」の広告が出され、「中国は琉球群島を回復しなければならない。中華人民共和国琉球自治区を成立させなければならない」との主張が掲載されました。

また、中国のネットで出回っている『琉球群島千年の国家戦略』には「中国政府が琉球群島統治権を回復すべき歴史的責任として、琉球は中国の領土であり、中国には争うことのない主権がある」と主張されています。

日本人に対し、中国の日本侵略を警告している『月刊中国』主幹の鳴霞氏は「これからの沖縄は、チベットや新疆のように資源や領土を中共の所有物とするために、住民大量虐殺が始まることだろう」と指摘しています。

このままいけば、近い将来、チベットやウイグルで起きたことと同じことが、沖縄でも起こる可能性があります。

幸福実現党は、多くの方々に、日本は今、大きな国難の中にあることを訴え、国難打破を実現して参ります。

佐々木 勝浩
04
2011
comment
0

10/3 Happiness Letter670〔戦わずして勝つ〕

皆さま、おはようございます!
本日は政務調査会の佐々木勝浩氏より、「中国の海洋覇権~すでに、中国の日本属国化は始まっている~」の6回目として「戦わずして勝つ」と題してメッセージをお届け致します。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
【佐々木勝浩氏寄稿】

《中国の海洋覇権(6)戦わずして勝つ》

昨日は「中国の領海支配の七段階」について述べました。

このような戦術によって、中国は南シナ海において、満潮時に海中に水没する岩をコンクリートで固めて小屋を造り上げたり、比較的大きな島には建設物を建てたり、空軍の滑走路や軍港を建造するなどの実効支配を進め、南シナ海の軍事要塞化を進めています。

中国軍は「孫子の兵法」を活用していると言われていますが、孫氏の兵法では「戦わずして勝つ」ことが最高の戦争形態であるとされています。

中国は、このようにして戦争を経ることなく、南シナ海を「中国の海」にしてきたのです。

こうした中国の南シナ海における戦術を見れば、東シナ海でも同様の戦術的展開が起こることが容易に予測されます。

尖閣諸島沖では2004年に頻繁に軍艦が出没し、更に2008年12月末、2隻の中国船が9時間にも渡って居座り、中国は「尖閣諸島は自国領である」と意思表示をしました。(第2段階)

昨年は、日本領海に中国船が多いときは270隻余りが入り込み、その中で、9月7日、中国漁船が海上保安庁の巡視船に激突して来る事件が起きました。(第4段階)

その後も、中国漁業監視船は、日本の尖閣領海を舐めるような航行を何度か続けています。

昨年は、漁船レベルでしたが、今年は8月24日、中国の漁業監視船が尖閣諸島の領海に侵入。9月下旬には、連日、尖閣諸島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内に中国の海洋調査船が侵入し、綿密な海洋調査を行なっています。(第5段階)

中国の触手は、着実に尖閣諸島へと迫っています。

しかし、「なんちゃって保守」と馬鹿にされている野田首相は、国防の備えを全く置き去りにしたまま、財務官僚の忠実な操り人形として「正心誠意」働いているだけです。

野田政権になって以降、中国はその弱腰姿勢を見透かし、ますますエスカレートの度合いを増しています。

尖閣諸島の実効支配の危機は、すぐそこまで差し迫っているのです。(つづく)

佐々木 勝浩
03
2011
comment
0

10/1 Happiness Letter668〔浮かび上がる覇権戦略〕

皆さま、おはようございます!
本日は政務調査会の佐々木勝浩氏より、「中国の海洋覇権~すでに、中国の日本属国化は始まっている~」の4回目として「浮かび上がる覇権戦略」と題してメッセージをお届け致します。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
【佐々木勝浩氏寄稿】

《中国の海洋覇権(4)浮かび上がる覇権戦略》

誰もが子供の頃に遊んだことがあるかと思いますが、数字の順に点と点とを線を結んでいくと、象とかキリンの絵が出来上がる塗り絵があります。

私たちが、毎日触れているニュースの一つ一つは、塗り絵の「点」にあたります。その点と点とを結ぶと線ができ、面が表れ、全体像が浮かび上がってきます。

毎日、大量のニュースの中に埋もれてしまうと何が真実か見えなくなってしまいます。

これが、情報の少なかったはずの明治維新の頃よりも、大量の情報が降り注いでくる現代の私達の方が危機に鈍感になっている理由です。

明治維新の志士たちは、坂本竜馬にしても、勝海舟にしても、吉田松陰についても、数少ない海外の情報を積極的に取りに行ったからこそ、日本の危機を敏感に感じ取り、日本のあるべき姿を発信、行動することできたのです。

現代は溢れる情報の中で何が真実か見えづらくなっていますが、中国が南シナ海や東シナ海で行ってきたニュースを一つ一つ集めて時系列的に結んでいくと、そこに紛れも無い、中国の恐るべき海洋戦略の「絵」が浮かび上がってきます。

中国が今後、日本の近海である東シナ海をどのようにして自国の海にしていくかは、南シナ海でやってきたことをみれば分かります。

そして、その戦術は一貫しています。次回以降、中国の海洋覇権戦略を「戦術レベル」で見てみたいと思います。(つづく)

佐々木 勝浩
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
《本日10/1、石平氏をお招きしての幸福実現党茨城県本部大会開催!!》

本日10月1日(土)、産経新聞のコラムやビートたけしのTVタックルでおなじみの石平(せきへい)先生を特別ゲストにお招きし、幸福実現党茨城県大会を開催致します!ぜひ、近県の方もご参加ください!!

【演題】幸福実現党茨城県本部 緊急セミナー 石平氏講演会「日本が危ない!中国の軍拡とバブル経済」~マスコミが伝えない本当の中国~

【日時】10月1日(土)13:15開場、14:00開演~16:15終了(予定)

【場所】神栖市文化センター(茨城県神栖市溝口4991-4)
http://www.k-bssk.or.jp/bunka/

【入場料】無料

【お問い合せ先】幸福実現党茨城県本部 080-3422-7980
01
2011
comment
0